【ペアA錠】を徹底解説!

ペアA錠

ライオンの生活習慣の乱れなどで繰り返すニキビ・肌荒れに効くニキビのみ薬「ペアA錠」が2012年3月14日(水)から全国の薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売されています。

実際に服用した感想(効果)や配合されている成分など、「ペアA錠」の詳細を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【繰り返すニキビ・肌あれに効く】ペアA錠

大人のカラダと肌事情も考えた処方

ペアA錠」は、5つの有効成分で新陳代謝を促し老廃物を排出して、繰り返す大人のニキビ・肌あれをカラダの内側から改善する内服薬です。

1日2回、1回1錠で女性でものみやすい小粒の錠剤です。

効能・効果

次の諸症状の緩和

にきび、肌あれ、皮膚炎、かぶれ、ただれ、湿疹、口内炎、口角炎、口唇炎、舌炎

「ただし、これらの症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師又は薬剤師に相談すること。」

次の場合のビタミンB2、B6の補給

肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時

用法・用量

1回1錠を1日2回(朝・夕)水又はぬるま湯にて服用する。

  • 成人(15歳以上):1回量/1錠
  • 小児(15歳未満):×服用しない

成分・分量(2錠中/1日量)・働き

グルクロノラクトン:200mg

体内の不要な物質を解毒・排出する肝臓の働きを助ける。

ヨクイニンエキス:77mg(原生薬換算量:1001mg)

体内の不要な物質を解毒・排出する肝臓の働きを助ける。

L-システイン:30mg

肌細胞を構成するアミノ酸で、エネルギー代謝に関与し、肌の新陳代謝を促す働きがある。

リボフラビン(ビタミンB2):30mg

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6):100mg

皮膚などの健康維持を助けるとともに、肌のターンオーバーを整える働きがある。

また脂質やたんぱく質の代謝を正常化する。

添加物

トウモロコシデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、セルロース、ステアリン酸Mg、フマル酸、ステアリン酸、ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート、ヒプロメロース、酸化チタン、三二酸化鉄、マクロゴール

成分に関連する注意

ペアA錠の服用により尿が黄色くなることがありますが、これはペアA錠に含まれるビタミンB2が吸収され、尿中に排泄されるためです。により心配ありません。

剤型・形状

小粒でのみやすい、フィルムコーティング剤

包装単位・メーカー希望小売価格

  • 60錠(30日分)/1,400円(税抜)
  • 120錠(60日分)/2,700円(税抜)

こんな症状の方におすすめ

  • 同じようなところに繰り返しできる大人ニキビ
  • 食生活の乱れ、疲れなどによる大人ニキビ
  • ターンオーバーの乱れによる肌あれ
  • 疲れやビタミン不足などによる口内炎

不規則な生活で新陳代謝が低下すると、角質や皮脂などの老廃物が毛穴につまり、大人ニキビなど肌あれの原因のひとつとなります。

カラダの内側から肌状態を改善

STEP 1

5つの有効成分が新陳代謝を促す。

STEP 2

古くなった角質や皮脂などの老廃物を排出する。

STEP 3

繰り返す大人ニキビ・肌あれをカラダの内側から改善する。

5つの有効成分の働き

1.グルクロノラクトン

体内の不要な物質を解毒・排出する肝臓の働きを助けます

2.L-システイン

肌細胞に多く含まれ、新陳代謝を促して、肌のターンオーバーを助けます。

厚くなってしまった角質層を健康な状態へと導きます。

3.生葉ヨクイニン

ハトムギの種子である生薬ヨクイニンは、消炎・肌あれに効果のあるビタミン主薬製剤です。

いぼや皮膚の荒れにすぐれた効果のある生薬として知られており、ニキビ・肌あれを改善します

皮脂分泌や皮膚水分量をコントロールする作用があります。

4.ビタミンB2

5.ビタミンB6

2つのビタミン「ビタミンB2」「ビタミンB6」が脂質やたんぱく質の代謝を正常化し、肌細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)を整え、皮膚などの健康維持を助けます。

ビタミンB2は脂質代謝を正常化して皮脂の過剰分泌を抑え、ビタミンB6はニキビ跡の原因となるチロシナーゼの活性を抑えます。

なお、「ビタミンB2」「ビタミンB6」を基準内最大量※配合。

※一般用ビタミン主薬製剤製造販売承認基準

使用上の注意

相談すること

1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

関係部位:症状

  • 皮膚:発疹・発赤、かゆみ
  • 消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、胃部膨満感、下痢

2.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

ペアA錠のよくある質問(Q&A

【Q1】ペア漢方エキス錠と一緒に服用しても構いませんか?

A1】重複する効能・効果があるため併用はできません。

【Q2】子どもでも服用できますか?

A2】15歳未満の方は服用できません。

【Q3】妊娠・授乳中でも服用できますか?

A3】効能にも産前・産後の栄養補給と書いてあるとおり、妊娠中の方でも服用していただけます。

しかし、他のビタミン含有製品を同時に使用する場合は、過剰摂取に注意してください。

妊娠中は、体質も不安定な時期なので、服用にあたっては念のため主治医に相談することをお奨めします。

【Q4】服用後、尿の色が変化しました。問題ありませんか?

A4】本剤の服用により、尿が黄色くなることがありますが、これは、ビタミンB2が吸収され、尿中に排泄されるためです。心配はありません。

ペアA錠についてのまとめ

「ペアA錠」は、繰り返すニキビや肌あれを改善するニキビ治療薬(飲み薬)です。

目立ってしまい気になる“赤ニキビ”や繰り返される頑固で治りにくい“大人ニキビ”などを治療してくれます。

PAIR(ペア)シリーズは、「ペアアクネクリームW」が最も有名であり、ニキビを治療するために使用している人も多いと思います。

同じ効能・効果を持つ「チョコラBBプラス」や「ハイチオールBクリア」などと「ペアA錠」を比較してみると…

知名度は、他の製品よりも薄い印象を持ちますが、5つの有効成分を配合しているため、ニキビ・肌あれに優れた効果を発揮します。

私は、フェイスラインに目立ちやすい“赤ニキビ”ができることが多く、気になったり悩んだりしていました。

実際に「ペアA錠」の120錠(60日分)を購入し、どのくらいニキビに効果があるのか検証してみました。

残念ながら即効性はない※ので、服用してすぐにニキビが良くなる(治る)ことはありません。

※肌の「ターンオーバー(しなやかで強くて美しい角質のバリアーを作る)」は28日周期であり、最低でも“1ヶ月”使う必要があると考えられます。

仮に、服用後すぐに治った場合、生活習慣や食生活の変化(改善)など、他の要素が関係している可能性が高いと思います。

「ペアA錠」を飲み始めてから1週間~2週間ほど経つと、徐々に効果があらわれてきました。

まず、目立ちやすい“赤ニキビ”の赤みが消えてきたので、気になってしまうことがなくなりました。

さらに、治りにくい“大人ニキビ”もできにくくなり、繰り返しできるニキビに悩むことも減ったと思います。

ニキビ・吹き出物・肌あれなどの皮膚疾患は、内服薬よりも塗り薬の方が患部に直接浸透して効き目を発揮するので、効果や即効性にも優れています。

そのため、「ペアA錠(内服薬)」と「ペアアクネクリームW(塗り薬)」を併用する(一緒に使用する)ことによって、内側と外側からの“Wの効果”も期待できるため、ニキビをより早く治すことができます。

私のニキビ治療法としても、「ペアA錠」を服用しながら「ペアアクネクリームW」や「クレアラシル」などを使用することが多く、どちらかを単体で使うよりも、併用することでニキビを早く治せていると体感しています。

炎症を起こしやすいニキビは、悪化してひどくなると治りにくく、痕になりやすくなります。

そのため、ひどくなってしまう前に、早く治療することが重要です。

ニキビや肌あれなどの症状がひどい場合は、市販薬だと治療が難しいこともあるので、専門医を受診して適切な処置を受けましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です