【キシロA軟膏】を徹底解説!

キシロA軟膏

第一三共ヘルスケアのきり傷、すり傷にすぐれた効果をあらわす殺菌消毒薬「キシロA軟膏」が全国の薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売されています。

実際に使用した感想(効果)や配合されている成分など、「キシロA軟膏」の詳細を紹介したいと思います。

【殺菌消毒薬】キシロA軟膏

キシロA軟膏」はきり傷、すり傷用の「家庭の常備薬」です。

局所麻酔剤リドカイン、抗ヒスタミン剤ジフェンヒドラミン、殺菌剤セトリミドを配合しています。

油剤の基材を使用しているので、刺激が少なく、傷口を保護します。

効能・効果

きり傷、すり傷、かき傷、くつずれ、皮膚の殺菌・消毒

用法・用量

使用方法

1日数回、適量を患部に塗布して下さい。

用法・用量(使用方法)に関連する注意

  • 使用法を厳守して下さい。
  • 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
  • 目に入らないように注意して下さい。
    万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗って下さい。
    なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けて下さい。
  • 外用にのみ使用して下さい。
  • 患部やその周囲が汚れたまま使用しないで下さい。

成分・分量(100g中)・働き

セトリミド:0.5g

陽イオン界面活性剤(逆性石鹸)の一種で、化膿による悪化を防ぐ殺菌剤。

リドカイン:2g

かゆみ神経の働きを弱める、局所麻酔剤。

ジフェンヒドラミン:0.5g

かゆみを起こすヒスタミンを抑える、抗ヒスタミン剤。

添加物

パラフィン、ステアリン酸グリセリン、ソルビタン脂肪酸エステル、ワセリン

製造販売元

ジャパンメディック株式会社

販売元

第一三共ヘルスケア株式会社

リスク区分

第2類医薬品

剤型・形状

キシロA軟膏 白色~微黄色の軟膏

白色~微黄色の軟膏

包装単位・メーカー希望小売価格

10g/450円(税抜)

キシロA軟膏の特長

特長1

患部の痛みをはやくしずめ、かゆみ、はれをおさえます。

特長2

刺激が少ない油性基剤を使用しているので、傷口をやさしく保護します。

使用上の注意

相談すること

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

  • 医師の治療を受けている人
  • 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
  • 患部が広範囲の人
  • 深い傷やひどいやけどの人

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ、はれ

3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

キシロA軟膏についてのまとめ

「キシロA軟膏」は患部の痛みを早く鎮め、かゆみ、腫れを抑えるきり傷、すり傷用の「家庭の常備薬」です。

油性の基剤を使用しているので、皮膚への刺激が少なく、傷口をやさしく保護します。

きり傷やすり傷など、傷ができてしまったときに「オロナインH軟膏」を使用している方も多いと思います。

しかし、「オロナインH軟膏」の有効成分は、クロルヘキシジングルコン酸塩液(殺菌剤)のみになります。

そのため、傷が化膿しないように防ぐことはできますが、痛みやかゆみなどの症状を抑える効果には期待できません。

それに対して、「キシロA軟膏」にはリドカイン(局所麻酔成分)が配合されているので、きり傷やすり傷などによる痛みを鎮めます。

さらに、ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン薬)がつらいかゆみを抑えるので、痛みやかゆみにも効果が期待できます。

もちろん、「オロナインH軟膏」と同様に「キシロA軟膏」はセトリミド(殺菌消毒成分)が配合されていることから、傷が化膿(悪化)することを防ぎます。

ただし、値段(価格)を比較してみると、「キシロA軟膏」は10g/450円に対して、「オロナインH軟膏」は11g/300円です。

「オロナインH軟膏」の方が1g多く、値段も150円安いので、痛みやかゆみを伴わない傷であれば、「キシロA軟膏」よりもおすすめです。

少しでも痛みやかゆみがあり、それらの症状を抑えたいのであれば、値段の差もあまりないため、「キシロA軟膏」の方が適していると考えられます。

先日、仕事中に怪我をしてしまい、痛みを伴うきり傷が腕や脚にできたので、「キシロA軟膏」を使用してみました。

塗ってから30分ほどすると、傷(患部)の痛みが次第に感じにくくなり、気にならない程度まで緩和されました。

さらに、傷ができてから5日間ほど塗り続けましたが、化膿(悪化)することも一切なく、2週間もしないうちに完治しました。

ただし、きり傷やすり傷などがひどい場合、「キシロA軟膏」では症状を改善できないこともあります。

特に傷の範囲が広かったり、炎症(赤み)や化膿がひどいときは、市販薬で対処することが難しいと考えられます。

また、「キシロA軟膏」はセトリミド(殺菌剤)を配合しているので、ニキビや吹き出物などにも効果が期待できます。

ただし、アクネ菌による面皰(めんぽう:コメド)の生成を抑えたり、炎症(赤ニキビ)を鎮める成分が配合されていないことから、「ペアアクネクリームW」や「ビフナイトn」などに比べると効き目が悪いと考えられます。

そのため、軽い症状のニキビは改善できるかもしれませんが、症状が重い(悪化している)ニキビの治療には効果がほとんど期待できません。

傷やニキビ、吹き出物などに「キシロA軟膏」を使用しても症状が改善できない(悪化した)ときは、早い段階で専門医に相談して、適切な処置をするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です