【新ウナコーワクール】を徹底解説!

夏の定番 新ウナコーワクール

興和は、しつこいかゆみによく効く新ウナコーワクールを、全国の薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売しています。

新ウナコーワクールは、今年で発売50周年を迎えたロングセラー商品です。

夏定番のかゆみ・虫さされ用薬、新ウナコーワクールの効果や副作用、特長などについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【かゆみ・虫さされに】新ウナコーワクール

新ウナコーワクールは、かゆみをダブル作用で止める、冷たいスポンジタイプのかゆみ止めです。

新ウナコーワクールを塗ると、かゆくてほてっている患部が冷たくなります。

クールな冷却感に続き、有効成分のリドカインとジフェンヒドラミン塩酸塩のダブル作用で、かゆみを早く止めます。

しかも、患部にムラなく塗布できるように改良した使用感の良いスポンジを採用しています。

蚊やダニなどの虫に刺された時は、まず新ウナコーワクールで対処しましょう。

※新ウナコーワクールはステロイド成分が入っていません。

効能・効果

かゆみ、虫さされ

用法・用量

1日数回適量を患部に塗布してください。

用法・用量に関連する注意

  • 用法・用量を守ってください。
  • 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
  • 目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
  • 外用にのみ使用してください。
  • 薬剤塗布後の患部をラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないでください。また、ひざの裏やひじの内側等に使用する場合は、皮膚を密着(正座等)させないでください。

容器の使い方

  1. まずキャップをはずして、容器を逆さに持ってください。
  2. ムラなく塗れるようスポンジ面を軽く患部に押しつけ、液を充分に浸透させて塗布してください。
  3. 使用後は必ずキャップをしっかりしめてください。

※使用感がよく、破れにくいスポンジ素材を使用していますが、液がスポンジ面に充分浸透していないと、スポンジ面が破れるおそれがあるので、注意してください。

成分・分量(1mL中)・働き

成分 分量 働き
ジフェンヒドラミン塩酸塩 20.0mg かゆみのもとになるヒスタミンの働きをおさえ、かゆみをしずめます。
リドカイン 5.0mg かゆみの伝わりを止め、かゆみを感じなくします。
l-メントール 30.0mg 患部に清涼感を与え、かゆみをやわらげます。
dl-カンフル 20.0mg
添加物
エデト酸Na、クエン酸、エタノール

内容量・メーカー希望小売価格

内容量 希望小売価格(税抜) JANコード
30mL 450円 4987067231003
55mL 700円 4987067231102

リスク区分

第2類医薬品

剤形・容器の形状

患部にムラなく塗布できる、冷たいスポンジタイプのかゆみ止め

製造販売元

興和株式会社

新ウナコーワクールの特長

特長1

新ウナコーワクールは、かゆみが気持ちよくスーッとひいていく、冷たいかゆみ止めです。

新ウナコーワクールを塗ると、かゆくほてっている患部が冷た~くなります。

特長2

有効成分のリドカインがかゆみの伝わりを止め、ジフェンヒドラミン塩酸塩がかゆみのもとになるヒスタミンの働きをおさえます。

ダブル作用により、かゆみを一早く止めます。

特長3

患部にムラなく塗布できるように改良した使用感の良いスポンジを採用しています。

ウナコーワとムヒの違い

液体ムヒS2a

虫さされ薬といえば、ムヒを思い浮かべる方も多いと思いますが、「ウナ」と「ムヒ」の違いを知っていますか?

「メーカーが違うだけ」と思っている方が多いようですが、実は有効成分が大きく異なります。

ムヒシリーズの中でも人気の高い「液体ムヒS2a」や「液体ムヒアルファEX」にはステロイド成分が配合されているので、優れた抗炎症作用があります。

一方、新ウナコーワクールはステロイド成分や抗炎症成分を配合していないため、ムヒに比べると炎症を抑える効果が劣ります。

症状が軽度であれば十分対処できますが、腫れや痛みなどの症状(炎症)がひどい場合は、新ウナコーワクールの効果が期待できないこともあります。

かゆみだけでなく、腫れや赤みを伴う場合には、ステロイド成分が配合されているムヒを使うことをおすすめします。

虫さされは放置厳禁!

「虫さされなんて放っておいても大丈夫」と思っていませんか?

虫さされを放置すると、寝ている間など無意識のうちにかいてしまい、「虫刺され跡」が残ってしまうこともあります。

腕や足に虫刺され跡があると、好きな服を着ることができず、夏のおしゃれの楽しみも半減してしまいます。

また、虫刺され跡は治るまでに時間がかかるので、一度できると非常に厄介です。

かきむしって症状が悪化し、虫刺され跡が残ってしまってから「早くケアすればよかった」と後悔しても遅いのです。

虫刺され跡を残さないようにするためには、虫に刺されたら放置せず、すぐに対処することが何より大切です。

使用上の注意

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

次の部位には使用しないでください

  • 創傷面。
  • 目や目の周囲、粘膜等。

相談すること

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

  • 医師の治療を受けている人。
  • 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
  • 湿潤やただれのひどい人。

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ、はれ

3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

保管及び取扱い上の注意

  • 高温をさけ、直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
  • 小児の手の届かない所に保管してください。
  • 他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
  • 本剤のついた手で、目など粘膜に触れないでください。
  • 容器が変形するおそれがあるので、車の中など、高温になる場所に放置しないでください。容器の変形により、スポンジ部分の脱落や、液もれがおこるおそれがあるので注意してください。
  • 本剤が衣類や寝具などに付着し、汚れた場合にはなるべく早く水か洗剤で洗い落としてください。
  • メガネ、時計、アクセサリーなどの金属類、衣類、プラスチック類、床や家具などの塗装面等に付着すると変質することがあるので、付着しないように注意してください。
  • 火気に近づけないでください。
  • 使用期限(外箱及び容器に記載)をすぎた製品は使用しないでください。

新ウナコーワクールについてのまとめ

虫さされは強いかゆみを伴うことが多いため、ついついかいてしまいがちです。

しかし、かゆいからといって掻いてしまうと、「かゆい」→「かく」→「患部をかき壊してしまう」→「化膿・悪化する」「患部が拡大する」→「虫刺され跡が残る」という負のスパイラルに陥ることが少なくありません。

蚊やダニなどの虫にさされてしまったら、かゆみを我慢せず、まずは新ウナコーワクールを使ってみてください。

塗った瞬間広がる氷冷感で患部のほてりを鎮め、リドカインとジフェンヒドラミン塩酸塩のダブル作用により、つらいかゆみをいち早く止めます。

しかも、スポンジタイプを採用しているので、患部にムラなく塗ることができ、使いやすさも抜群です。

ただし注意点として、症状がひどい場合は、新ウナコーワクールでは対処できないこともあります。

5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、医師または薬剤師に相談することをおすすめします。

かき壊しを防いで早く治すためにも、症状に合わせて適切な治療薬を選び、できるだけ早めに対処することが大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です