【1週間で5kg痩せた】誰でもできる!短期ダイエット方法

一週間 5kg ダイエット

ここ最近、外食が連日続いてしまい、気付いたら数日間で『5kg以上』も太っていました。

会社の健康診断も割と近かったので、このままだとまずいと思い、短期集中のダイエットをすることにしました。

まず、私は運動(動くこと自体)嫌いなので、ジムに通うことやランニングなど、身体を酷使するような事は一切していません。

痩せるためだからと言って、わざわざ疲れるのは嫌だし、お金かけるのも嫌だし、何よりそこまで努力をしようと全く思えませんでした。

運動をする必要が一切なく、誰でも簡単に必ず痩せることができるダイエット方法を試してみることにしました。

結果として、ダイエットをする前は「57kg」あった体重を「52kg」まで落とすことができ、たった一週間で『5kg』のダイエットに成功しました。

一週間で『5kg』痩せるための心構え
このダイエット方法は、運動する必要は一切なく、誰でも簡単にできるダイエットですが、強い意志と忍耐力が重要になります。
そのため、半端な覚悟では挫折してしまうかもしれないので、「すぐに痩せたい!!」「短期間で痩せて変わりたい!!」という、強い意志を持った方向けのストイックなダイエットです。

今回は、短期間で確実に『5kg以上』痩せるためのダイエット方法を紹介したいと思います。

【とにかく食べるのを我慢する】食事制限が最強のダイエット法

体重 52.4kg

本気で痩せたいなら「食事制限」を徹底する!

たった一週間で『5kg』痩せるためには、食事制限の徹底が必要不可欠で、痩せるための第一関門と言えるでしょう。

しかし、この食事制限がダイエットにおいて、何よりも辛いのは言うまでもなく、ダイエットをしたことがある方は、必ず一度は経験したことがあると思います。

食べたい物が食べられないストレスや空腹による体調不良、胃酸のせいでお腹が痛くなってしまうなど、「食事制限」の難点(デメリット)はいくつも挙げられます。

それでも、その辛い試練を耐えなければ、たった一週間で『5kg』痩せるのは、実体験から考慮しても非常に難しいと思います。

ダイエットの結果は、辛い思いや何かしらの努力、「痩せたい!」という強い意志が比例します。

そのため、一週間で『5kg』痩せるための代償として、「食事制限」を徹底する努力が必要になります。

ダイエットを始める理由やきっかけは人それぞれ

  • 今すぐに痩せたい!
  • 短期間で変わりたい!
  • 一週間以内になんとか痩せたい!
  • 少しでも変わって自身を持ちたい!
  • 太ってる自分とお別れしたい!

など、ダイエットを始める理由は人それぞれありますし、きっかけは何でも良いのです。

ダイエットにおいて最も大切なのは、「本気で痩せたい!」という気持ちと「痩せるために努力を惜しまない」ことの2つだけです。

元々、私自身が太りやすくて痩せにくい体質ですが、短期間の食事制限を続けることで、頑張った分だけしっかりと痩せることができます。

最初から諦めてしまうことなく、とにかく挑戦してみることによって、「痩せて変わることができるんだ!」と実感できると思います。

食事制限ダイエットのメリット

  • ダイエットを始めた日から、効果がすぐにある
  • 短期間で確実に痩せられる
  • 我慢さえできれば、誰でも簡単にできる
  • 運動する必要がなく、余計な労力などが不要
  • 昼間眠くなってしまう心配がなくなる
  • ダイエット後も食事量を減らせる
  • 手間や時間がかからないので、いつでも始められる
  • 場所に関係なく、思い立ったらすぐにできる
  • 余計なお金が一切かからない
  • 大幅な食費の節約になるので、お金が貯まる

食事制限ダイエットは、上記のようなメリットがあると思っています。

特に即効性に優れているので、食事制限を始めたらすぐに痩せられる効果が、一番のメリットに挙げられます。

どうしても短期間で痩せたいときは、この方法が最も適しており、確実に痩せることができると思います。

また、ご飯を食べなくなった分の食費が浮いたり、時間や場所などを全く気にせず、いつでも気軽に始められるのも良いですね。

痩せるためにジムに通ったり、最近だとライザップを利用する方も多く見受けられますが、ただ痩せるだけであれば、食事制限ダイエットをするだけで誰でも簡単に痩せることができます。

食事制限ダイエットのデメリット

  • とにかくお腹が空く
  • ストレスが溜まりやすくなる
  • イライラしやすくなる
  • 食生活に気をつけないといけない
  • 胃が痛くなることがある
  • 頑張っても体重が減らないことがある
  • お昼にご飯を食べられなくてつらい
  • 同僚や友達との外食が減ってしまう
  • お酒を飲むことができない

など、一週間で5キロ痩せるためには、それなりの努力と忍耐力がどうしても必要になります。

特に食事制限中に最もつらいと感じるのが、間違いなく空腹だと思います。

通常、1日3食(朝・昼・晩)ご飯を食べている方が多く、ほとんどの方が1日2食はちゃんとご飯を食べていますね。

しかし、食事制限ダイエットは1日1食が基本となるので、必然的にお腹が空いてしまいます。

体が慣れるまでは空腹感が本当につらく感じるので、空腹に耐え切れず諦めてしまったり、挫折してしまう方も多いです。

1日1食に慣れてしまえば、空腹がそこまで苦に感じなくなるので、すぐに諦めないで頑張ることが大切です。

また、空腹が原因でイライラしやすくなったり、ストレスが溜まりやすくなることもあります。

そんなときは、温かい飲み物で気持ちを落ち着かせたり、無理に我慢しすぎないでカロリーの低い物を食べるようにしましょう。

無理をしすぎてしまうと、周りの人にも迷惑をかけてしまうかもしれないので、限界を感じたらダイエットに支障のない範囲で軽食を取ることが望ましいです。

「痩せたい!」という気持ちは痛いほどわかりますが、自分も相手も大切にすることが最優先です。

食事制限のデメリットをしっかりと理解した上で、短期間のダイエットに取り組むことが成功の鍵になると思います。

痩せるためには1日何食?ご飯は何回食べるの?

ご飯を食べる回数が重要!

一週間で結果を出すためには、1日のうちにご飯を食べる回数に気をつけなければいけません。

普通の方は1日3食(朝・昼・晩)、しっかり食べていると思いますが、ダイエット期間中は食事の回数を減らすことが望ましいです。

ただし、極端に食べる回数を減らすことによって、どうしても体に負担がかかってしまうので、無理をし過ぎないように気を付けてください。

私が本気でダイエットをするときは、ご飯を食べる回数を1日1回(1食)にして、徹底的に食事制限をしています。

普段なら1日2回(昼・夜)食べるようにしていますが、ダイエット中は1日1食にすることで、カロリーの摂取量を極端に減らせます。

カロリーの摂取量を抑えて痩せる体を作る!

一週間で5kg絶対に痩せられる

太る原因であるカロリー摂取を少なくすることによって、体重が増える(太る)ことを確実に防ぎながら、痩せる体を作ることができます。

食事制限を始めたばかりの頃は、まだ体が慣れていないので、体調不良やストレスなどに苦しめられると思います。

特に空腹時はイライラしやすくなるので、温かいお茶を飲んだりして、気持ちを落ち着かせる工夫も必要です。

食事制限を始めて3日目ぐらいになると、体が少しずつ「1日1食」の生活リズムに慣れてきて、その分胃も小さくなっていくため、我慢する辛さが軽減されていきます。

空腹時にあまり我慢しなくても、お腹が空いたことを苦に思わなくなってくれば、残りの4日間はあっという間に過ごせると思います。

無理なダイエットはしない!時には諦めることも大切!

食事制限をする上で、一番大切なのは「無理をしない」こと!

ダイエット(無理な減量)のために体を壊してしまっては元も子もないので、様子を見ながら調整していくか、無理だと思ったら潔く諦めることも大切です。

私はとにかく運動したくなかったので、痩せるための方法として、短期間の「食事制限」を選びました。

結果として、一週間で『5kg』痩せることに成功しましたが、「食事制限ダイエット」は人によって向き不向きがあります。

そのため、体調不良やストレスなどがひどかったり、体を壊してまで無理をするよりも、自分に合ったダイエット方法を探すことがおすすめです。

ご飯を食べるタイミングはいつが良いのか?

夜遅くと寝る前にご飯は食べない!

食事制限(ダイエット)をしているときは、ご飯を食べる回数も重要ですが、タイミングも非常に重要です。

辛い思いをしながら食事制限をしても、夜遅くにご飯を食べたり、食べてすぐ寝たりしてしまうと、痩せる効果が大幅に下がってしまいます。

カロリーの摂取量を抑えるのと同時に、食べ物が消化しやすい状態を整えて、ダイエットに適した体を作る(慣らす)ことが大切です。

ご飯は遅くても21時までに食べる

ご飯を食べる最も良いタイミングは、18時~20時(遅くても21時まで)が適していると思います。

ご飯を食べるのが早すぎると、お腹が空いて夜眠れなくなったり、夜中に間食してしまうなどのリスクがあります。

16時~17時の間に夜ご飯を食べてみたところ、22時頃にお腹が空いてしまい、空腹で寝るのに苦労したことがありました。

ピンポイントで食べる時間を指定するのであれば、19時30分頃にご飯を食べるのが、個人的に一番おすすめの時間になります。

色々試してみましたが、寝る前や夜中にお腹が空くことが最も少なかったのが19時台だったので、消化や吸収などの時間も考慮すると適していると考えられます。

また、食事制限(生活リズム)に体を慣らすのにも、ちょうど良い時間帯だと思います。

食事制限中にお腹が空いたらどうするの?

一週間という短期間ですが、1日1食の食事制限をしていると、必ずお腹が空いてしまいます。

このダイエットをしていると、「お腹空かないの?」とよく聞かれますが、常にお腹空いている状態に近いです。

そのため、間食や空腹時のイライラ(ストレス)、暴飲暴食を防ぐための工夫が必要になります。

私自身そうでしたが、完全に痩せる前に少しでも妥協してしまうと、その後の食事制限がグダグダになり、結局ダイエットが失敗することが何度かありました。

数日間の努力や頑張りが無駄にならないためにも、誘惑に負けないようになんとか乗り越えないといけません。

お腹が空いたらとにかくガムを噛む

空腹感を少しでも紛らわすのに最もおすすめなのは、お腹が空いたらガムを噛むことです。

口に物が入っていることで空腹感が紛れて、さらに噛み続けることで満腹中枢が高まり、何もしないでただ我慢するよりも断然楽になります。

また、ガムはカロリーもほとんどないので、食べても太らないメリットがあり、食事制限ダイエットには必須とも言えます。

ただし、空腹時にスーッとする感じの強いガムを食べると、刺激が強すぎて気持ち悪くなってしまったり、胃に負担がかかるかもしれないので、なるべく刺激の少ないガムを食べることがおすすめです。

とにかくカロリーが低くて、口の中に残っている時間が長ければ、ガム以外の食べ物でも問題ありません。

いかにカロリーを摂取しないようにして(カロリーを抑えて)、空腹を紛らわせるかが重要なポイントになります。

夜ご飯は何を食べればいいの?

食事制限ダイエット中に唯一食べられる「夜ご飯」ですが、基本的に何を食べても問題ありません。

むしろ、1日1食というストイックな生活を送る上で、夜ご飯が最も楽しみな時間になるため、ここで我慢してしまうと体に毒です。

したがって、特に我慢する必要はなく、食べたい物を食べても良いですが、一つだけ厳しい条件があります。

その条件とは、夜ご飯で摂取するカロリーの量を、多くても1,000キロカロリー以内に抑えることです。

本気で痩せたいなら1日1,000キロカロリー以内に抑える!

この食事制限ダイエットは1日1食なので、基本的に好きな物を食べても良いですが、カロリーを摂り過ぎてしまうと、当然のことながら太ります。

1日のカロリーを抑えて、確実に痩せていくことが目的なので、何を食べてもいいからといって、食べ過ぎたりしてカロリーを摂ってしまうと、ダイエットの効果が全くありません。

そのため、好きな物を食べるというのは変えず、1日1食1,000キロカロリー以内に抑えることが理想になります。

多少ならカロリー摂取量を越えてしまっても、それほど問題ないと思いますが、一週間で『5kg』本気で痩せたい(痩せる)のであれば、徹底することによって一週間後の結果が大きく変わります。

実際に私が5kg痩せたときは、700〜1,000キロカロリー以内に抑えるように気を付けて、なるべく油ものは控えるようにしていました。

また、短期間でも食事制限を継続することによって、少し食べるだけでお腹いっぱいだと感じられるようになります。

個人差はありますが、少量のご飯でも満腹感が得られるようになってくると、特に意識しなくても自然とご飯を食べる量を抑えることができます。

結果として、カロリーの摂り過ぎ防止になるので、ダイエットが成功する確率も高くなり、痩せてからもその状態が続くことから、リバウンドもしにくくなります。

飲酒は厳禁!食事制限中は絶対に飲まないで!

食事制限ダイエットにおいて、酔っ払って理性を失ってしまう恐れのあるお酒は絶対に厳禁です。

お酒が好きな方は苦痛に感じると思いますが、ダイエット中に飲酒をすることは、一切良いことがありません。

主にビールやチューハイなどはカロリーが高いので、元々どんなダイエットにもお酒は不向きです。

万が一、食事制限しているときにお酒を飲んでしまい、理性を失って暴飲暴食をしてしまったら、今まで頑張ってきた努力が全て無駄になります。

これも私の経験上のお話ですが、一生懸命頑張ってきた努力が無駄になった途端に、「もう痩せなくていいや〜」と諦めてしまう原因にもなるので、痩せるまでは我慢するようにしましょう。

これまでの努力を無駄にしないために、痩せてから美味しいお酒を飲むために、食事制限中の飲酒は避けてください。

一週間で痩せたらリバウンドしないの?

結論から言うと、食事制限ダイエットをした後は、リバウンドする可能性が非常に高いと思います。

食事制限は即効性があるダイエットなので、すぐに効果があらわれますが、リバウンドしやすいデメリットもあります。

本来なら、ダイエットは時間をかけて少しずつ行うことが望ましいのですが、今回のダイエットは短期集中型なので、最も即効性を重視した方法になります。

したがって、多少無理をしながら痩せるため、時間をかけたダイエットと比較すると、太りやすい状態になっています。

そのため、痩せてからしばらくの間は食事に気をつけて、カロリーの高い物を食べないようにしたり、暴飲暴食には特に注意しましょう。

痩せた体重(理想体重)を維持しながら、少しずつ食生活を元に戻して、体を慣らしていくことが重要です。

痩せた後は野菜を中心に規則正しい食生活に戻す!

痩せてから最低でも1週間は、野菜を中心とした食生活にして、カロリーの摂取量を少なめにすることが望ましいです。

痩せた体重がちゃんと安定して、リバウンドの危険性がなくなれば、そこまで食生活に気を付けなくても太らなくなります。

1日1食のストイックな食事制限は一週間で終わりますが、痩せてからも食生活に気を付けないといけないのが、このダイエットの辛く感じるところです。

しかし、頑張った分だけ痩せていく(結果が出る)ので、「努力したからこそ痩せられた!」「痩せた体重をちゃんと維持しよう!」と、痩せてからの体重に対する意識も変化すると思います。

痩せたら終わりではなく、体重が継続するまでが本当の意味でのゴールになるので、少しの間辛いと思いますが、負けないで頑張りましょう。

お腹周りの脂肪が特に気になる方に!

肥満症への効果が認められた防風通聖散! 本気で脂肪を落としたいそんなあなたのための医薬品「EGタイトpure」

食事制限や毎日の適度な運動など、痩せるために必死で努力しているのにも関わらず、「思うように痩せない・・・。」という経験や悩みはありませんか?

そんな悩みをお持ちの方には、ダイエット効果が高いと言われていて、注目を集めている「防風通聖散」が向いてるかもしれません。

EGタイトpure【防風通聖散】は、18種類の生薬が腹部の皮下脂肪を減らし、肥満や便秘、むくみなどに効果を表す医薬品です。

効能効果が認められた「防風通聖散」は新陳代謝を高め、脂肪の分解・燃焼を促進し、お腹周りの気になる皮下脂肪を落としてくれるため、お腹周りの脂肪で悩まれている方には特にオススメです。

さらに発汗、利尿、便通の促進や高血圧に伴う動悸、肩こり、のぼせ、むくみ、便秘等にも効果が期待できる漢方薬です。

市販薬で有名なのは、小林製薬の「ナイシトール」やロート製薬の「新・ロート防風通聖散錠」などが挙げられます。

しかし、ドラッグストアなどで売られている「防風通聖散」を配合した医薬品は、どこのメーカーも値段が高めに設定されています。

そのため、脂肪を落とす効果を試してみたいと思っても、なかなか購入しづらいですね。

EGタイトpure【防風通聖散】を初めて注文する方は、通常価格4,980円から約80%OFFの980円(税込)という初回特別価格で購入できます。

さらに送料・手数料などが一切かからず、脂肪燃焼に役立つプレゼント付きなので大変お得です。

  • 色々なダイエット方法を試してみたけど、全然痩せない。
  • 頑張ってダイエットしているのに苦しいだけで結果が出ない。
  • 毎日運動しているのに痩せられない。
  • 食事制限をしても体重が減らない。
  • お腹周りの脂肪がなかなか減らない。

このような悩みのある方は、EGタイトpure【防風通聖散】を試してみてはいかがでしょうか。

おわりに

一週間で5kg痩せる

一週間で『5kg』痩せるための方法として、食事制限ダイエットを紹介しましたが、何kg痩せられるかは努力次第です。

ランニングやジム通いなどの運動を一切しなくて良いので、動く努力をしたくない方には非常に向いていると思います。

このダイエット方法なら、短期間で確実に3kg以上は痩せられると思うので、今すぐに痩せたい方は試してみてください。

私が実際に食事制限ダイエットをしたときは、ほぼ確実に一週間で3kg~5kg以上痩せるのに成功しています。

体重が何kg増えたかにもよりますが、元の体型に戻すことは簡単にできると思います。

ただし、極端な食事制限は体に負担がかかってしまうので、必ず短期間でやめるようにして、リバウンドに気をつけながら、少しずつ食生活を戻していきましょう。

特に痩せたからといって、すぐに食生活を元に戻したり、外食や食べ過ぎなどを繰り返すとリバウンドするので、しばらくの間は注意が必要です。

無理しない範囲で食事制限をして、スリムな体型を手に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です