医療・健康情報サイトに大変動!検索上位を獲得するSEO対策とは?

Googleでは、2017年12月6日水曜日、医療や健康に関連するページの評価方法をアップデートしました。

Googleでは、2017年12月6日水曜日、日本語検索におけるページの評価方法をアップデートしました。

今回の変更は、医療や健康に関する検索結果(検索クエリ)の改善を意図したもので、昨年話題になったDeNAが運営する医療系サイト「WELQ」の問題が大きく関係していると言われています。

医療・健康情報サイト(メディア・ブログ・コラム)を運営している場合は、検索順位が下がった方も多いと思います。

アルゴリズムアップデートがもたらした被害を分析し、今後のSEO対策について考察してみました。

アップデートの内容とは?

Google ウェブマスター向け公式ブログは、医療や健康に関連する検索結果の改善について次のように説明しています。

この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。

本アップデートは医療・健康に関連する検索のおよそ 60% に影響します。

Google では、医療や健康だけに限らず、今後も継続的に検索の改善に取り組んで行きます。

これまでのアップデートの中でも、かなり大規模なもので、検索結果の約60%に影響を与えています。

影響が大きいキーワード

今回のアップデートで最も影響が大きいのは、「商品名(商標名)単体」の検索クエリです。

当ブログも大きな影響を受けてしまい、かつてないほど順位が変動しました。

今まで検索上位だったキーワード(記事)の順位が軒並み下がり、圏外に飛ばされた記事もありました。

検索順位が下がったことでPV数も大幅に減少し、アルゴリズム変更前と比較して1日1,000PV以上もアクセスが少なくなりました。

ビッグワードやミドルワードではなく、ロングテールワードによる流入が多かったため、PV数が激減しています。

今のところ検索順位が上がる(元に戻る)兆しも見えないので、PV数も減っていく一方です。

現時点では、商品名(市販薬名)で検索すると「楽天市場」「Amazon」「価格.com」といった通販サイトばかりが1ページ目に表示されている状況です。

商品名で検索するユーザーの多くは、価格よりも商品の情報について知りたいと考えている方がほとんどではないでしょうか。

製薬会社、医師又は薬剤師が運営しているサイトを検索上位に表示するべきだと思います。

商品名単体のSEO対策は避ける

アップデートされる前は、「商品名(商標名)単体」で検索上位を狙うことも可能でした。

しかし、現在は1ページの大半を通販サイトが占めており、SEO対策をしても順位が上がりにくい状況です。

私も医療従事者として毎日現場で働いているので、風邪や腹痛、皮膚の悩みなどのさまざまな悩みを抱えた人と接しています。

当ブログでは、私自身が医薬品を実際に使った感想(体験談)を紹介したり、お客様から教えてもらった口コミや評判なども取り入れています。

少し前に話題になったヒルドイドの美容効果についても、実際に医薬品を使ってみないと効果があるかどうかわかりません。

自分で使ってみたからこそわかる利点や注意点(副作用)を知ってもらい、さらに普段接しているお客様の生の声を届けることで、より有益な情報を伝えたいと思っています。

個人ブログの場合、オリジナルコンテンツを作成しても評価されにくく、法人(企業)よりも優先度が下がった傾向が見られます。

そのため、個人でブログやアフィリエイトサイトを運営するのであれば、商品名単体のSEO対策をするのはあまりおすすめできません。

今後どのように改善されていくかによって、SEO対策についても大きく変化します。

医療関連の企業が優位になる

現時点では病院やクリニックだけでなく、「ミナカラ」「医療総合QLife」といった企業のブログやコラムも検索上位にランクインしています。

しかし、企業のサイトであるにもかかわらず、アドセンス広告やアフィリエイトプログラムも導入しています。

コンテンツについても薄いもの(低品質コンテンツ)が多く、病院やクリニックが運営しているサイトの情報と比較すると、有益な情報は得られません。

さらにページの読み込み速度が遅く、ユーザーエクスペリエンスが低いこともわかりましたが、医療関係の企業というだけで、上位に表示されやすくなっています。

ただ、製薬会社や病院、クリニックなどが運営している「正確な情報」や「信頼できる内容」が上位に表示されるようになったことは、素晴らしい改善ですね。

やはり医師の持つ正しい情報を知りたいと思いますし、誤った情報が出回ってしまうのは良くありません。

専門用語を使わない

現在、毎日数百万件以上の医療や健康に関する日本語のクエリが Google で検索されています。

これを分析してみると、医療の専門用語よりも、一般人が日常会話で使うような平易な言葉で情報を探している場合が大半です。

日本のウェブには信頼できる医療・健康に関するコンテンツが多数存在していますが、一般ユーザー向けの情報は比較的限られています。

もし、あなたが医療関係者で、一般のユーザーに向けたウェブでの情報発信に携わる機会がありましたら、コンテンツを作る際に、ぜひ、このような一般ユーザーの検索クエリや訪問も考慮に入れてください。

ページ内に専門用語が多用されていたら、一般ユーザーが検索でページを見つけることは難しくなるでしょう。

内容も分かりづらいかもしれません。

コンテンツを作る際は、専門用語を使用するのではなく、一般のユーザーに向けた検索キーワードを用いることが重要です。

専門用語の例として、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」は医療関係者にとっておなじみの病名です。

しかし、一般ユーザーの多くは「ニキビ」というキーワードで検索しています。

アクセス数を増やすためには一般ユーザー向けのキーワードも考慮に入れて、オリジナルコンテンツを作成しましょう。

影響が少ないキーワード

当ブログのデータを分析したところ、下記のようなキーワード(一部抜粋)では、今回のアルゴリズム変更による影響はそれほどありませんでした。

  • ピアス しこり
  • ピアス 腫れ
  • ピアス 膿
  • ニキビ 治し方
  • ニキビ 治療
  • ニキビ 悪化
  • 痩せる 5kg
  • 痩せる 方法
  • ダイエット 1週間
  • ダイエット 短期間

商品名単体」のSEO対策は難易度が上がりましたが、「複合キーワード(2単語以上)」で検索上位を狙うことは可能です。

オリジナリティに溢れた質の高いコンテンツの積み重ねによって、Googleの仕様変更の影響を受けることなく、上位表示を獲得しましょう。

アップデートについてのまとめ

Googleでは、2017年12月6日水曜日、日本語検索におけるページの評価方法をアップデートしました。

この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもの(日本独自のもの)です。

DeNAが運営する医療系サイト「WELQ」の問題が大きな影響を与えていると言われています。

上場企業であるにも関わらず薬機法や医療法、健康増進法に違反したり、著作権侵害(複製権)の可能性があるなど、国内外に広く報道されて話題となりました。

今年2月にも日本語検索における独自のアップデートが行われ、「キュレーションサイト」「キュレーションメディア」と呼ばれるサイトは、閉鎖削除に追い込まれました。

さらに現在閉鎖中のWELQは、今年8月に再開を断念する方針を明らかにしています。

今回のアップデートでは、信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなり、医療・健康に関連する検索の約60%に影響しています。

例えば、「再肌」「メンソレータムAD」「HPクリーム」といった乾燥肌の治療薬を検索するとします。

現在、市販薬の商品名(商標名)を検索すると、1ページ目に表示されるのは楽天市場やAmazon、価格.comなどの通販サイト(ECサイト)がほとんどです。

ユーザーの検索クエリが「商品名単体」ではなく

  • 商品名 価格
  • 商品名 購入
  • 商品名 安く買う
  • 商品名 格安
  • 商品名 激安
  • 商品名 通販サイト名

上記のようなキーワードで検索した場合は、通販サイトが表示されるべきだと思います。

しかし、TV-CMなどを見て「○○」という商品を知った際に、最初に価格について知りたい方は少ないはずです。

私が商品名で検索した場合は、「どんな商品なのか」「口コミや評判は良いのか」といった商品の情報について知りたいことがほとんどです。

商品の概要や特徴を調べたうえで、その商品を欲しいと思ったら、安く買う方法(価格)について調べます。

また、医師又は薬剤師が監修していたとしても、実際に医薬品を使用することもなく、ただ紹介している企業サイトをよく見かけます。

お金さえ支払えば、いくらでも監修してもらえますし、そもそも本当に医師が監修しているかどうかもわかりません。

それに対して、「ニキビが治った」「ダイエットに成功した」など、症状の変化を画像で紹介している個人サイトの方が断然参考になります。

同じ悩みを抱えている方が紹介している記事を見た際に、私も試してみよう!と思ったり、似たような症状で悩んでいるときは特に共感できますよね。

当ブログでは実際に使用した体験談だけでなく、メーカーに問い合わせたり、現場でお客様から聞いた情報も取り入れています。

特に市販薬なら効果と成分さえわかれば解説できますが、自分で使ってみないとわからないことも多く、現場で得られる情報も最大限に活かしています。

できるだけ生の声を聞いてもらうことで、さまざまなお悩みを抱えている方のお役に立てれば幸いです。

今回、評価方法をアップデートしたことによって、極めてユーザビリティの低い検索結果になっています。

はっきり言って、非常に不親切です。

本当にユーザーのことを考えているなら、医療従事者や専門家、医療機関などが提供しているオリジナルコンテンツをすぐにでも表示するべきだと思います。

Googleは医療や健康だけに限らず、継続的に検索の改善に取り組んで行くそうなので、今後のアップデートに期待します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です