【カブナース】を徹底解説!

カブナース

小林製薬は、大人の尿パッド・おむつ等のかぶれ治療薬「カブナース」を、2018年3月7日(水)から全国の薬局・薬店・ドラッグストアなどで新発売しました。

5つの有効成分により、痛みや炎症を伴うかゆみやヒリヒリ感を鎮める「カブナース」の効果や副作用、特徴などについて紹介したいと思います。

【大人の尿パッド・おむつ等のかぶれに】カブナース

カブナース」は、尿パッドやおむつ等による患部のかぶれを改善する治療薬です。

有効成分の「デキサメタゾン酢酸エステル」「グリチルレチン酸」が、かぶれの原因となる炎症を抑え、「ジフェンヒドラミン塩酸塩」「リドカイン」がかゆみを素早く鎮めます。

さらに、「イソプロピルメチルフェノール」がかぶれの原因菌を殺菌することで、尿パッドやおむつ等による患部のかゆみやヒリヒリ感を改善していきます。

簡単に患部に塗布でき、パウダー配合のジェルタイプなので塗布後もベタつかず、サラサラとした使用感です。

製品名

カブナース

効能・効果

かぶれ、かゆみ、あせも、湿疹、皮ふ炎、しもやけ、虫さされ、じんましん

用法・用量

1日数回、適量を患部に塗布してください

用法・用量に関連する注意

用法・用量を守ること

小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること

目に入らないように注意すること。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること

外用にのみ使用すること

薬剤塗布後の患部をラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないこと

成分・分量(100g中)・働き

成分 分量 働き
デキサメタゾン酢酸エステル 0.025g 炎症を抑え、かゆみ、赤み・はれを鎮める
ジフェンヒドラミン塩酸塩 1.0g かゆみの発生を抑える
リドカイン 0.5g かゆみを素早く鎮める
グリチルレチン酸 0.1g 赤み・はれを鎮める
イソプロピルメチルフェノール 0.1g 雑菌の発生を抑える
添加物
ヒプロメロース、ヒドロキシエチルセルロース、エタノール、アジピン酸ジイソプロピル、ポリソルベート80、プロピレングリコール、二酸化ケイ素、pH調節剤

発売元

小林製薬株式会社

製造販売元

東光薬品工業株式会社

リスク区分

指定第2類医薬品

剤型・形状

クリーム剤

包装単位・メーカー希望小売価格

単品容量 希望小売価格(税抜) JANコード
15g 1,000円 4987072050125

尿パッドによるかぶれの原因

尿かぶれ(炎症)を引き起こすのは、「尿や便などの皮膚刺激物質」「細菌・カビ」「蒸れ」などですが、それらの温床になっているのが尿パッドです。また、形状や素材が肌に合わず、尿パッド自体がムレや擦れを引き起こすケースもあります。

尿や便などの皮ふ刺激物質や、尿パッド内での細菌やカビの繁殖、尿パッドの形状や素材によっては汗をかいたときにムレ等が発生することで、患部に炎症が起こり、かゆみや赤み、ヒリヒリ感の原因となります。

さらに、こういったかゆみやかぶれといった症状が治りきらない中で、尿パッドを使用し続けると、症状がさらに悪化する悪循環に陥る可能性があります。

こうした悪循環を断ち切るためには、症状を鎮め、繰り返さないように防ぐことが重要です。

カブナースの特徴

尿パッド、尿ライナー、おむつなどによる、かゆみ、湿疹、ヒリヒリ感を伴うかぶれを改善する塗り薬です

炎症を抑えて、かゆみ、ヒリヒリ感を鎮めます

サラサラした塗り心地のジェルタイプです

カブナース開発の背景

こんな悩みありませんか?・かきむしりたいくらいムズムズしてかゆい!・尿パッドが擦れてブツブツかぶれに!・赤く腫れてしまってヒリヒリ痛い!

約4割が尿パッドによるかゆみ、かぶれを経験。

これらを鎮めて快適な毎日を応援!

近年、アクティブシニアと呼ばれる、趣味や仕事などに意欲的な中高年が増加傾向にあります。

外出シーンが多くなるなか、加齢とともに増加する尿漏れの不安を解消する、軽失禁用パットなどの尿ケア製品の需要が高まっています。

同時に、40代女性の4割以上に腹圧性尿失禁の経験があるといわれ、小林製薬の調査によれば、40-50代の尿パット使用者は全体の約半数(45%)を占めています。

尿もれに悩み、尿ケア製品を使用する女性の年代層は、従来よりも広がってきています。

そうした中で、小林製薬が軽失禁用パットの使用経験者を対象に実施した調査によると、尿パッドによるトラブルとして、尿のニオイに次いで、約4割が患部のかゆみやかぶれに悩んでいることが明らかになりました。

このような尿パッド等によるかゆみ、かぶれに悩む多くの生活者の声に応え、快適な毎日を過ごせるように、「カブナース」が開発されました。

カブナースとカブレーナの違い

カブレーナ

ロート製薬が販売している「カブレーナ」は、蒸れて痛がゆい大人の尿かぶれなどの治療薬です。

カブナース」と名前がそっくりなので一見紛らわしいですが、配合している有効成分が大きく異なります。

カブナース」と「カブレーナ」の最大の違いは、ステロイド成分を含んでいるか否かです。

カブナース」には、ステロイド成分(デキサメタゾン酢酸エステル)が配合されています。

それに対して「カブレーナ」は、ステロイド成分を配合していないため、かぶれ(炎症)を抑える効果は劣ります。

しかし、その分安全性が高く、肌の弱い方でも安心して使用できるメリットがあります。

かぶれやかゆみなどの症状(特に炎症)がひどいときは「カブナース」が適しており、症状がそれほどひどくなければ、「カブレーナ」を使用することをおすすめします。

まずは自分の症状をしっかり把握して、適切な薬を使い分けるようにしましょう。

使用上の注意

してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

1.次の部位には使用しないこと
水痘(水ぼうそう)、みずむし・たむし等又は化膿している患部
創傷面
目や目の周囲、粘膜(例えば、口唇等)

2.顔面には広範囲に使用しないこと

3.長期連用しないこと

相談すること

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
医師の治療を受けている人
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

関係部位 症状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ、刺激感(痛み、熱感、ぴりぴり感)、かさぶたの様に皮ふがはがれる状態

3.2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

カブナースのよくある質問(Q&A)

Q
どのような医薬品ですか?
A
カブナースは、大人の尿パッド、おむつによるかぶれ、痒みを改善する外用医薬品です。
Q
どのように効果を発揮しますか?
A
尿パッドやおむつでかぶれや炎症が起こっている部位に塗布することで、ステロイド(デキサメタゾン酢酸エステル)の効果により素早く治します。
また、かぶれや炎症の原因になっている細菌や蒸れにも対処し、治りを早めます。
Q
有効成分について教えてください。
A
「デキサメタゾン酢酸エステル」と「グリチルレチン酸」が炎症を取り除き、「ジフェンヒドラミン塩酸塩」と「リドカイン」によりかゆみを抑えます。
また、「イソプロピルメチルフェノール」によりかぶれの原因である細菌に対して殺菌効果を示します。
Q
どのように使用しますか?(用法・用量)
A
1日数回、チューブから適量を指先に取り出しかぶれや炎症を起こしている部分にやさしく塗り広げてください。
Q
一回の使用量はどのくらいですか?(一本で何回使用できますか?)
A
かぶれている範囲によりますが、人差し指の一番先から第1関節に乗る量を目安としてください。
大人の人差し指の一番先から第1関節に乗る量を取って頂くと、およそ大人の手のひら2枚分くらいの面積に塗ることができます。
1日で大人の人差し指の一番先から第1関節に乗る量を使用していただきますと、約30日分となります。
Q
未開封なら、いつまで使用できますか?
A
未開封の場合、製品に記載されている使用期限まで使用できます。
Q
どのように保管しますか?
A
直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに保管してください。(キャップやチャックなどはしっかりしめてください)
Q
どのように廃棄しますか?
A
容器、キャップとも材質はプラスチックです。
各自治体の分別法に従って、廃棄してください。
Q
他の外用剤と併用してもよいですか?
A
カブナースを塗布した部位に、他の外用剤を使用することは避けてください。
病院から他の処方薬をもらっている方は、使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
Q
妊娠中・授乳中に使用してもよいですか?
A
妊娠中や授乳中にも使用できます。添付文書をよく読み、用法用量を守って使用してください。
この時期は肌が敏感になっています。かかりつけの医師にも相談するとより安心です。
Q
子供が使用してもよいですか?(何歳から使えますか)
A
目安としては生後6ヶ月くらいから使用できます。
しかし、カブナースはエタノールが配合されているので、健常な皮膚で使用前に目立たない部位で刺激などを確認のうえ、使用するとより安心です。
Q
塗布時に刺激がありますが、合わないのでしょうか?
A
カブナースはアルコールを含みますので、傷口があると、しみる、ヒリヒリする等の一過性の刺激があらわれることがあります。
刺激が気になる場合は、使用を中止してください。
Q
誤って目に入ってしまったのですが、大丈夫ですか?
A
すぐに水又はぬるま湯で十分洗い流してください。
異常(刺激感や充血など)が続くなど、症状がひどい場合は、製品を持って眼科医の診療を受けてください。
Q
誤って口に入れてしまったのですが、大丈夫ですか?
A
少量であれば、口をゆすぐ、口をぬぐうなどした後、水または牛乳などをとり様子をみてください。
異常が見られる場合や大量に飲み込んでしまった場合は、製品を持って医師の診察を受けてください。
Q
誤って子供が舐めてしまったのですが、大丈夫ですか?
A
舐めた程度など少量であれば、口をゆすぐ、口をぬぐうなどした後、水または牛乳などをとり様子をみてください。
異常が見られる場合や大量に飲み込んでしまった場合は、製品を持って医師の診察を受けてください。
Q
誤ってペットが舐めてしまったのですが、大丈夫ですか?
A
舐めた程度(少量)であれば問題ないと考えられますが、異常が見られる場合や大量に飲み込んでしまった場合は、製品を持って動物病院に相談してください。

カブナースについてのまとめ

カブナース」は、大人の尿パッドやおむつ等による患部のかぶれを改善する治療薬です。

優れた抗炎症作用を持つステロイド成分(デキサメタゾン酢酸エステル)に加えて、グリチルレチン酸を配合しているため、赤みや腫れ(炎症)を鎮めます。

さらに、ジフェンヒドラミン塩酸塩とリドカインの2種類のかゆみ止め成分が、かゆみの発生を抑えるとともに素早く鎮め、掻きむしりによる症状悪化も防ぎます。

また、イソプロピルメチルフェノールが雑菌の発生を抑え、かぶれの原因である細菌に対して殺菌効果を発揮します。

5つの有効成分により、大人の尿パッドやおむつ等による患部のかぶれやかゆみ、ヒリヒリ感を改善していきます。

カブナース」には、抗炎症成分だけでなく、殺菌成分が配合されているため、ニキビや吹き出物を改善する効果も期待できます。

ただし、「ペアアクネクリームW」「アクネス25」「ビフナイトn」といったニキビ治療薬と比べて殺菌成分の含有量が少ないので、ニキビの進行度(症状の程度)によっては効果がないこともあります。

そもそもニキビや吹き出物に特化した治療薬ではないため、症状が軽度のニキビ(痛みや腫れが少ない赤ニキビなど)に対してのみ使用するようにしましょう。

ニキビ跡を残さずきれいに治すためには、ニキビの症状が悪化する前に適切な治療をすることが大切です。

カブナース」は、尿パッド・おむつかぶれ以外にも湿疹、皮膚炎、蕁麻疹、あせもなどといったさまざまな症状を改善する効果が期待できます。

しかしその反面、肌への負担がそれほど強くはないものの、ステロイド成分を含んでいるため、必ず用法用量を守って使用してください。

5~6日間使用しても症状がよくならなかったり、かえって悪化した場合は使用を中止し、できるだけ早く病院に行きましょう。

症状がひどくなればなるほど、治療に時間や費用がかかってしまうので、早い段階から正しい治療を行うことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です