【ハイチオールCプラス】を徹底解説!

ハイチオールCプラス

女優・中谷 美紀さんが出演しており、女性にとっての美しさをテーマにしたCMでもお馴染み!

エスエス製薬のハイチオールシリーズの中で最も有名である、シミ・そばかす・疲れ対策の医薬品「ハイチオールCプラス」が2010年6月24日(木)から全国の薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売されています。

実際に服用した感想(効果)や配合されている成分など、「ハイチオールCプラス」の詳細を紹介したいと思います。

【シミと全身倦怠(疲れ・だるさ)の両方に効果を発揮する】ハイチオールCプラス

ハイチオールCプラス」は、代謝を助けることによって、シミと全身倦怠(疲れ・だるさ)の両方に効果を発揮する医薬品です。

シミの原因であるメラニンの過剰な生成を抑制し、肌に沈着した黒色メラニンを無色化し、さらに肌の代謝(ターンオーバー)を助けて過剰にできたメラニンをスムーズに排出します。

また、栄養素をエネルギーに変換する酵素の働きを助け、体の代謝(体内エネルギーの産生)を助けることで疲れやだるさにも効果を発揮します。

効能・効果

  • しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症
  • 全身倦怠
  • 二日酔
  • にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ

用法・用量

次の1回量を1日3回、水又はぬるま湯で服用する。

  • 成人(15才以上):1回量/2錠
  • 7才~14才:1回量/1錠
  • 7才未満:×服用しない

成分・分量(6錠中/成人1日量)・働き

L-システイン:240mg

シミの原因となる過剰なメラニンを生成抑制、無色化、排出します。

アスコルビン酸(ビタミンC):500mg

過剰なメラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを改善します。

パントテン酸カルシウム:24mg

肌細胞の新陳代謝を正常化し、肌の回復をサポートします。

添加物

無水ケイ酸、セルロース、乳酸Ca、白糖、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒプロメロース、炭酸Ca、カルナウバロウ、ステアリン酸Mg、タルク、酸化チタン、トウモロコシデンプン、プルラン、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール

本剤の服用により、尿及び大便の検査値が影響を受けることがあります。

医師の検査を受ける場合は、ビタミンCを服用していることを医師にお知らせください。

包装単位・メーカー希望小売価格

  • 60錠/1,500円(税抜)
  • 180錠/4,200円(税抜)

ハイチオールCプラスの特長

代謝を助けるアミノ酸L-システイン240mg配合!

肌の代謝(ターンオーバー)を促進し、シミに効く。

L-システインとビタミンCが肌の代謝をたすけ、過剰にできたメラニンを排出し、シミ・そばかすに効果を発揮します。

シミ・そばかすを改善し、体の疲れやだるさにも効果を発揮!

全身倦怠(疲れ・だるさ)を改善。

何らかの原因で体の代謝が滞ると、エネルギーが効率よく産生できず、疲れやだるさを感じるようになります。

栄養素をエネルギーに変換する酵素の働きをたすけ、体内エネルギーの産生をスムーズにすることで、疲れやだるさを取り除きます。

二日酔いの原因物質の分解をたすけ、二日酔いにも効果を発揮します。

こんな方におすすめ/こんな時におすすめ

  • シミ・そばかすなどの肌トラブルが気になる方
  • L-システインは体の代謝もサポート。二日酔いや全身倦怠が気になる方も

使用上の注意

相談すること

1. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

関係部位:症状

  • 皮膚:発疹
  • 消化器:吐き気・嘔吐、腹痛

2. 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

関係部位:症状

消化器:下痢

3. しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ハイチオールのよくある質問(Q&A

【Q1】いつ服用するのが、効果的ですか?

A1】食前食後にこだわらず、いつ服用しても構いません。

ご自分の生活リズムに合わせてバランスよく間隔をあけてご服用ください。

はじめてのむ方、胃が弱い方は、食後がおすすめです。

【Q2】ハイチオールCシリーズは、シミにはどのくらい服用したら効きますか?

A2】効果のあらわれ方は、症状や服用する人の体質、体の状態等によって異なりますが、シミに対する服用期間の目安はおおよそ3ヶ月ですので、3ヶ月間の継続服用がおすすめです。

【Q3】うっかり用量を超えてのんでしまったのですが…

A3】医薬品ですので、今後は用法用量をきちんと守ってご使用ください。

なお、ハイチオールブランドの成分はアミノ酸であるL-システインと水溶性のビタミン類です。

体内で栄養素として利用されたり、過剰量は排泄されたりすると思われます。

主な副作用は悪心や下痢です。

過度に心配する必要はありませんが、何か思わしくない症状があらわれた場合には、すぐに医師・薬剤師等に相談してください。

【Q4】妊娠中に服用しても大丈夫ですか?

A4】問題ありませんが、妊娠中は特に必要な場合を除き、薬の服用はひかえることが大切であり、かかりつけの医師に服用している旨をお伝えしておくことをおすすめします。

【Q5】授乳中に服用しても問題はありませんか?

A5】問題ありません。

【Q6】ハイチオールCプラスとハイチオールCホワイティアの違いはなんですか?

A6】ハイチオールCプラスは、シミ・そばかすが気になる方、日常の疲れやだるさを感じている方におすすめしております。

本気でシミ・そばかすを治したい方には、継続服用が効果的ですので、1日2回(1回2錠)服用で継続しやすいハイチオールCホワイティアがおすすめです。

【Q7】私の肌トラブルには、どのハイチオールがいいのでしょうか?

A7】肌トラブルの中でも、とくにシミでお悩みの方へは、ハイチオールCシリーズ。

肌あれやにきびでお悩みの方には、ハイチオールBクリアがおすすめです。

ハイチオールCプラスについてのまとめ

「ハイチオールCプラス」は、ハイチオールシリーズの中でも知名度が一番高いと思われるお薬です。

当然、飲んだことある!という方も多いはず!

1回2錠、1日3回(朝昼晩)の服用なので、持ち歩く必要があります。

会社に持って行くのを忘れたりして、昼間飲み忘れることも多々ありました。

正直なところ1日3回はめんどくさいですね~

実際に容量が180錠の「ハイチオールCプラス」を3個購入して、約3ヶ月間服用してみた感想は…

シミには効果あり!という感じでした。

【服用した結果】

  • シミ:薄くなった!
  • そばかす:あまり変化なし
  • 疲れ:効果わからず

シミに関しては、傷跡などが服用前よりも薄くなったので効果がありました。

見える部分などにもシミが残ってしまっていたので、薄くなってくれて嬉しかったです。

疲れに関しては、全然わかりませんでした(笑)

疲れも取れるのか!と思っていたのですが、特に実感できなかったです。

最低でも約3か月間は継続的に服用する必要はありますが、それなりの効果は期待できるお薬でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です