【デュアタイムコーワ】を徹底解説!

デュアタイムコーワ

生産終了

興和の日本初※の朝用・夜用2処方ケアの肌系ビタミン剤「デュアタイムコーワ」が2011年5月10日(火)から全国の薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売されていました。

実際に服用した感想(効果)や配合されている成分など、「デュアタイムコーワ」の詳細を紹介したいと思います。

※ビタミン剤のジャンルでは日本初。

スポンサーリンク

【キメの乱れ・バリア機能の低下を感じる肌あれ、にきびに】デュアタイムコーワ

デュアタイムコーワ」は、朝になると自然に目が覚め、夜になると眠くなる、約24時間の体内リズム(サーカディアンリズム)に着目し、昼間と夜間の肌環境に考慮して、朝と夜で異なる処方とした新しいコンセプトの朝夜肌系ビタミン剤です。

バランスよく配合した5種類のビタミンに加え、『朝用』には紫外線などに対する抗酸化作用のあるビタミンEを、『夜用』には乾燥しがちな皮ふの保水に関与する生薬ヨクイニンを配合。

朝と夜、きちんと服用することで、肌の生まれ変わりを助けて肌あれ・にきびなどを改善します。

肌が生まれ変わる約28日周期に合わせた30日分。

こんな症状にオススメ

キメの乱れ・バリア機能の低下が気になる肌あれ・にきびに

効能・効果

次の諸症状の緩和

肌あれ、にきび、口内炎、口角炎、口唇炎、舌炎、湿疹、皮膚炎、かぶれ、ただれ、手足のしびれ

「ただし、これらの症状について、1カ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師又は薬剤師に相談してください。」

次の場合のビタミンB6の補給

妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時

用法・用量

次の量を、水又は温湯で服用する。

成人(15歳以上)

  • 朝(黄色錠)3錠
  • 夜(白色錠)3錠

1日2回(朝1回、夜1回)

15歳未満の小児

×服用しないこと

成分・分量(6錠:黄色の朝用3錠/白色の夜用3錠中)・働き

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6):朝用/夜用50.0mg

リボフラビン(ビタミンB2):朝用/夜用250.0mg

皮膚や粘膜の正常な働きを助けるとともに、脂質・たんぱく質の代謝を正常化し、肌の新陳代謝を促す。

アスコルビン酸(ビタミンC):朝用/夜用250.0mg

ニコチン酸アミド:朝用/夜用20.0mg

パントテン酸カルシウム:朝用/夜用10.0mg

皮膚や粘膜の正常な働きを助けるビタミン。

コハク酸d-α-トコフェロール(ビタミンE):朝用20.0mg

抗酸化作用により体内の脂質を酸化から守り、細胞の正常な働きを助ける。

ヨクイニンエキス(ヨクイニンとして):夜用160.0mg(2080mg)

皮ふの保水に関与し、肌あれ・にきびを改善する働きのある生薬。

添加物

乳酸Ca、乳糖、セルロース、無水ケイ酸、ヒドロキシプロピルセルロース、カラメル、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、タルク、酸化チタン、三二酸化鉄

成分・分量に関連する注意

デュアタイムコーワ」の服用により尿が黄色くなることがありますが、ビタミンB2(リボフラビン)によるものですから心配ありません。

包装単位・メーカー希望小売価格

180錠/3,300円(税抜)

剤型・形状

  • 朝用:黄色錠
  • 夜用:白色錠

健やかな肌のために

肌あれ・にきびなどの肌トラブルは、食生活の乱れなどからくるビタミン不足のほか、生活リズム、季節の変化、生理周期など、さまざまなリズムが影響していると言われています。

規則正しい生活リズムと、「デュアタイムコーワ」の朝と夜の正しい服用をおすすめします。

使用上の注意

相談すること

1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

関係部位:症状

消化器:吐き気・嘔吐

2.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

症状

下痢

3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

デュアタイムコーワについてのまとめ

「デュアタイムコーワ」は、バランスよく配合した5種類のビタミンに加え、『朝用』には紫外線などに対する抗酸化作用のあるビタミンEを、『夜用』には乾燥しがちな皮ふの保水に関与する生薬ヨクイニンを配合しています。

24時間の体内リズムに着目し、昼間と夜間の肌環境に考慮して、『朝』と『夜』で異なる処方とした新しいコンセプトの朝夜肌系ビタミン剤です。

ニキビ・肌荒れに効く他のビタミン剤(チョコラBBプラスやハイチオールBクリアなど)は、『朝』・『昼』・『夜』に関係なく、一定の成分が配合されている錠剤もしくは顆粒を服用するので、時間帯によって服用する成分が異なる「デュアタイムコーワ」は、市販薬の中でも非常に珍しい医薬品です。

実際に「デュアタイムコーワ」を3ヶ月分(3箱/540錠)購入して、ニキビにどのくらい効果があるのか試してみました。

ニキビ治療薬(ビタミン剤)に共通して言えることですが、残念ながら即効性はない※ため、服用してすぐにニキビが治ることはありません。

※肌のターンオーバー(しなやかで強くて美しい角質のバリアーを作ること)のサイクルは28日周期位が丁度良いと言われており、表皮細胞が誕生し、垢となって剥がれるまでの標準的な日数がかかるため。

しかし、「デュアタイムコーワ」を飲み始めてから1週間~2週間ほど経つと、“赤ニキビ”の赤みが目立たないくらい薄くなりました。

さらに、目立ちやすい“赤ニキビ”や頑固で治りにくい“大人ニキビ”など、全体的にニキビ自体ができにくくなり、悪化してしまうことも減ったと思います。

服用するタイミングも『朝』と『夜』なので、持ち運ぶ手間や『昼』に服用する必要がなく、飲み忘れてしまうことも全くありませんでした。

朝は黄色錠、夜は白色錠とそれぞれ錠剤の色が違うため、飲み間違えてしまうこともなく、わかりやすくなるように工夫がされています。

服用した際のデメリットとしては、1回3錠(朝・夜)服用する必要があるので、小粒で飲みやすいとは思いますが、手間に感じてしまうことが何度かありました。

価格(値段)は、「チョコラBBプラス」や「ハイチオールBクリア」など、他の治療薬と比較すると少し高めだと思います。

そのため、ニキビ治療薬(ビタミン剤)を購入する際に価格を重視して選ぶ場合は、他の低価格帯の医薬品を購入することがおすすめです。

「デュアタイムコーワ」を服用しても、ニキビや肌荒れが改善されない(悪化した)場合や症状がひどいときは、早めに専門医を受診して適切な処置を受けることが重要です。

ニキビや吹き出物が悪化すると、ニキビ痕が残りやすくなり、治るまでの時間も非常にかかってしまうため、ニキビが悪化する前にしっかりと治療しましょう。

「デュアタイムコーワ」は、残念なことに“廃盤”になってしまったので、現在ドラッグストアやネットショップなどで販売されている在庫がなくなり次第、恐らく購入できなくなる可能性が高いと思います。

そのため、「デュアタイムコーワ」を普段から服用している方や一度効果を試してみたい方は、なるべく早めに購入することが望ましいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です