【クレアラシル】を徹底解説!

クレアラシル ニキビ治療薬クリーム

英国の大手トイレタリー・メーカーであるレキットベンキーザー・ジャパン株式会社から発売されているニキビ治療薬のブランドである「クレアラシル(Clearasil)

クレアラシル」は、ラインナップの豊富なクレアラシルシリーズの医薬品タイプで、思春期のニキビ・大人のニキビにも効く「ニキビ治療薬クリーム」です。

実際に使用した感想(効果)や配合されている成分など、「クレアラシル」の詳細を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【思春期のニキビ、大人のニキビにも効く】クレアラシル

クレアラシル」は、誕生から65年の歴史を持ち、世界をリードするニキビケアのエキスパートとして、「ニキビ予防で信頼できるブランドNo.1」や「親が子にすすめたいニキビケアブランドNo.1」にも選ばれています。

効能・効果

ニキビ

ニキビとは?

ニキビは、多くの人が思春期に経験する皮膚疾患の一種。

皮脂や汚れが毛穴に詰まり、アクネ菌が増殖し、炎症を起こすと言われています。

また、食生活・睡眠・ホルモンバランス・乾燥などが影響することもよくあります。

用法・用量

1日数回、適量を患部及びその周辺の皮フに塗布する。

成分・分量(100g中)・働き

イオウ:3%

角質軟化作用、皮脂吸収作用、殺菌作用。

レゾルシン:2%

アクネ菌をしっかり殺菌する。

グリチルリチン酸ニカリウム:0.5%

皮膚の炎症・赤みを抑える。

トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE):0.5%

過酸化脂質の増加を防ぎ、ニキビの酸化を抑える。

添加物

亜硫酸水素Na、エデト酸Na水和物、メチルパラベン、ミリスチン酸イソプロピル、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ワセリン、流動パラフィン、セチル硫酸Na、ブチルパラベン、ポリソルベート80、ジメチルポリシロキサン、ベントナイト、1,3-ブチレングリコール、無水ケイ酸

剤型・形状

クレアラシル ニキビ治療薬クリーム

のびやすく、なじみやすい、やわらかタイプのクリーム形状

肌がかさつかず、つっぱらない。

包装単位・価格(Amazon.co.jp)

レギュラータイプ

  • 18g/849円
  • 28g/1,270円

肌色タイプ

  • 18g/898円
  • 28g/1,160円

クレアラシルの特長

ニキビをしっかり治す3つのチカラ

  1. 殺菌:アクネ菌を殺菌
  2. 消炎:ニキビのはれや赤みをおさえる
  3. 皮脂吸収:ニキビの頭部を開き皮脂を吸収

潤い成分も配合

クレアラシルにはさらに、皮脂が酸化しニキビが悪化することを防ぐため、ビタミンEを配合しています。

お肌のコンディションが変わりやすい10代はもちろん、成人した方にも愛用されています。

多くの医師が推奨

医師がアドバイスするのは、ニキビが悪化する前に、しっかりとアクネ菌を殺菌すること。

また、それぞれの肌に合った製品を使うこと。

その意味でも、65年の歴史を持ち、ラインナップの豊富なクレアラシルは評価されています。

使用上の注意

相談すること

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

  • 医師の治療を受けている人
  • 本人又は家族がアレルギー体質の人
  • 薬や化粧品によりアレルギー症状を起こしたことがある人
  • 患部が広範囲の人
  • 湿潤やただれのひどい人
  • 深い傷やひどいやけどの人

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

関係部位:症状

皮膚:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、乾燥(つっぱり感)

3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

クレアラシルについてのまとめ

「クレアラシル」は、昔からニキビの治療薬として有名で、使用したことがある方も多いと思います!

「レゾルシン」という殺菌消毒成分を配合しており、アクネ菌の殺菌などに効果を発揮して、ニキビを改善してくれます。

他のニキビ治療薬には「イソプロピルメチルフェノール」などの殺菌消毒成分が配合されていることが多いので、珍しい成分が配合されていると思います。

その他にも、「イオウ」などのニキビに対する有効成分が配合されているため、総合的な効き目は高いです。

私は、「赤ニキビ」に対して使用してみたのですが、ちょうど1週間ほど塗り続けると、ニキビがほとんどなくなりました。

特に痛みも少し伴うニキビだったので、比較的早めに治ってくれて助かりました。

「ペアアクネクリームW」など、他の種類のニキビ治療が効かない場合は、「クレアラシル」に変更すると効果があるかもしれません!

ただし、症状がひどい場合やニキビの範囲が広いときは、皮膚科に受診することがおすすめです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です