【クラリチンEX OD錠】を徹底解説!

クラリチンEX OD錠

大正製薬は、1日1回1錠でずっと効くのに眠くなりにくく、水なしで素早く溶けて飲みやすいタイプのアレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX OD錠」を、2017年9月19日(火)より全国の薬局・薬店・ドラッグストアなどで新発売しました。

クラリチンEX OD錠」の効果や副作用、特徴などについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【花粉を感じたら】クラリチンEX OD錠

クラリチンEX OD錠」は、2017年1月に発売したアレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX」と同様、医療用成分である抗アレルギー作用も兼ね備えた抗ヒスタミン薬「ロラタジン」を医療用と同量の10mg(1日量)配合し、つらい鼻のアレルギー症状に効果を発揮します。

1日1回1錠の服用でしっかり効くのに、眠くなりにくいのが特徴で、すでに起こってしまった鼻炎症状を改善するだけでなく、アレルギー症状を引き起こす原因物質の発生も抑えます。

更に水なしで素早く溶ける錠剤のため、場所を選ばずに服用できます。

鼻炎の症状を抑えるには、症状にあったタイミングで、適切な薬を活用することが大切です。

花粉やハウスダストで鼻がムズムズしてきたら、つらくなる前に「クラリチンEX OD錠」を早めに服用するのが効果的です。

製品名

クラリチンEX OD錠

効能・効果

花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:鼻みず、鼻づまり、くしゃみ

用法・用量

成人(15才以上)、1回1錠、1日1回食後に服用してください。

なお、毎回同じ時間帯に服用してください。

年令 1回量 服用回数
成人
(15才以上)
1錠 1日1回
(毎日同じ時間帯)
15才未満 服用しないこと

[用法・用量に関連する注意]

  • 定められた用法・用量を厳守してください。
  • 花粉など季節性のアレルギー性鼻炎による症状に使用する場合は、花粉飛散期に入って症状が出始めたら、症状の軽い早めの時期からの服用が効果的です。
  • 1週間位服用しても症状の改善がみられない場合には、医師又は薬剤師に相談してください。また、症状の改善がみられても2週間を超えて服用する場合は、医師又は薬剤師に相談してください。
  • ぬれた手等で直接さわらないようにしてください。(水にたいへん溶けやすい錠剤です)
  • 口腔内で速やかに崩壊するので、唾液のみ(水なし)で服用可能ですが、寝たままの状態では水なしで服用しないでください。

成分・分量(1錠中)・働き

成分 分量 働き
ロラタジン 10mg ヒスタミンの受容体をブロックし、アレルギー症状を緩和する。抗コリン作用など余計な作用が減弱されているため、副作用が起こりにくいとされている。
添加物
乳糖、トウモロコシデンプン、ステアリン酸Mg

販売元

大正製薬株式会社

製造販売元

バイエル薬品株式会社

リスク区分

要指導医薬品

要指導医薬品とは?

要指導医薬品は、医療用に準じた医薬品です。

一般用になって間もなくリスクが不確定なものや劇薬などがあり、薬剤師から対面での指導・文書での情報提供を受けた上で購入できます。

インターネット等での通信販売が認められておらず、必ず薬剤師が対面で指導を行った上で販売することになっています。

剤型・形状

クラリチンEX OD錠を水に浸すと… わずか2秒で素早く崩壊

水なしでかまずにすばやく溶ける速溶錠

包装単位・メーカー希望小売価格

包装 希望小売価格(税抜)
10錠 1,980円

アレルギー症状の発症メカニズム

花粉やハウスダストなどが体内に侵入すると、アレルギー症状の原因物質(ヒスタミン)が放出され、その作用によってアレルギー症状が発症します。

体内でこのヒスタミンの放出を抑えるのが「抗アレルギー作用」です。

放出されてしまったヒスタミンが症状を起こすのを抑えるのが「抗ヒスタミン作用」です。

抗ヒスタミン作用だけでなく、抗アレルギー作用にもすぐれた「クラリチンEX OD錠」は、早めに原因物質の放出を抑えることで、不快なアレルギー症状を発生しにくくします。

クラリチンEX OD錠の6つの特徴

特徴1

しっかり効くのに、 眠くなりにくい

― 医療用と同量・同成分配合 ―

脳に入りにくい抗ヒスタミン薬なので、アレルギー症状はしっかり抑えながら、眠くなりにくい

特徴2

1日1回1錠で 長く効く

― 効き目が持続 ―

1日1回1錠飲むだけで効き目が持続します。

食後など、毎日同じ時間帯に服用しましょう。

就寝時に鼻づまりで寝つきが悪い方や、朝起きた時にくしゃみが連続して出てしまう(モーニングアタック)方は、夕食後に服用するのもおすすめです。

特徴3

集中力が低下しにくい

― 脳に入りにくい抗ヒスタミン薬 ―

クラリチンEX OD錠に配合されている「ロラタジン」は、患部で有効に働くだけでなく、脳に入りにくい成分です。

そのため、自覚なく集中力や判断能力、作業能力などが低下する「IP(インペアード・パフォーマンス)※」を起こしにくいのです。

※「インペアード・パフォーマンス」とは?

抗ヒスタミン作用によって、集中力や判断能力、作業能率が低下した状態のことをいいます。

特徴4

口が渇きにくい

― 唾液の分泌をさまたげない ―

唾液の分泌を減らす抗コリン薬(副交感神経遮断薬)を配合していないので、口が渇きにくく、快適に過ごせます。

特徴5

早めの服用が効果的

― 抗アレルギー作用が効く ―

クラリチンEX OD錠に配合されている「ロラタジン」は、抗アレルギー作用ももつ抗ヒスタミン薬です。

早めに服用することで、アレルギー発症の原因物質ヒスタミンの放出を早期に抑えます。

鼻がムズムズする等、花粉を感じたら、早めの服用がおすすめです。

特徴6

水なしでスッと溶ける

― 場所を選ばずに服用できる ―

水なしで素早く溶ける錠剤のため、場所を選ばずに服用できます。

使用上の注意

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)

1.次の人は服用しないでください

  • 本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
  • 15才未満の小児。

2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください。

  • 他のアレルギー用薬(皮膚疾患用薬、鼻炎用内服薬を含む)
  • 抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、乗物酔い薬、催眠鎮静薬等)
  • エリスロマイシン
  • シメチジン

3.服用前後は飲酒しないでください

4.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください

相談すること

1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください

  • 医師の治療を受けている人。
  • 次の診断(肝臓病、腎臓病、てんかん)を受けた人。
  • アレルギー性鼻炎か、かぜなど他の原因によるものかわからない人。
  • 気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎などの他のアレルギー疾患の診断を受けたことがある人。
  • 妊婦又は妊娠していると思われる人。
  • 高齢者。
  • 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師または薬剤師に相談してください

関係部位 症状
皮膚 発疹、かゆみ、じんましん、皮膚が赤くなる、脱毛
呼吸器 のどの痛み、鼻の乾燥感
消化器 吐き気、嘔吐、腹痛、口唇の乾燥、口内炎、胃炎
精神神経系 倦怠感、めまい、頭痛
循環器 動悸、頻脈
その他 眼球の乾燥、耳なり、難聴、ほてり、浮腫(顔・手足)、味覚異常、月経不順、胸部不快感、不正子宮出血、胸痛、尿閉

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

症状の名称 症状
ショック(アナフィラキシー) 服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁などがあらわれる。
てんかん (てんかん発作既往歴のある人)
筋肉の突っ張りや震え、意識障害、発作前の記憶がない。
けいれん 筋肉の発作的な収縮があらわれる。
肝機能障害 発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振などがあらわれる。

3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強がみられた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください

症状
口のかわき、便秘、下痢、眠気

クラリチンEX OD錠についてのまとめ

新登場した「クラリチンEX OD錠」は、水なしでスッと溶けるアレルギー専用鼻炎薬です。

医療用医薬品の「クラリチン」と、同成分(ロラタジン)が同量配合されており、1日1回1錠の服用で、つらい鼻みず・鼻づまり・くしゃみに効果を発揮します。

有効成分の「ロラタジン」は、脳内への移行性が低い非鎮静性成分なので、眠くなりにくく、集中力が低下しにくいといった特長があります。

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の症状に使用する場合は、花粉が飛び始める直前から飲むのが最も効果的です。

毎年この季節になると「アレグラFX」を服用していましたが、昨年1月に「クラリチンEX」が発売されたので、飲み比べて効果を検証してみました。

アレグラFX」と比較すると、症状を抑える効果はほぼ変わらず、眠気を感じることもなかったので、正直違いがよくわかりませんでした。

あくまで個人的な感想ですが、製薬会社(メーカー)が異なるというだけで、効果や副作用(主に眠気)に大きな差はないと思います。

先日、接客した何名かのお客様にも効果について聞いてみたところ、「あまり変わらない」「どっちも効果がいまいち」といった意見(口コミ・体験談)が多数ありました。

クラリチンEX OD錠」は、水がなくても飲めるので、外出先など“今すぐ服用したい”という時に便利ですが、どちらにするか迷ったら自分の好みで選んでいいと思います。

ただし、「クラリチンEX OD錠」と「クラリチンEX」は要指導医薬品なので、薬剤師が不在の場合は購入できません。

店頭で購入する際に薬剤師にいくつか質問されるため、手間だと感じる方は「アレグラFX」がおすすめです。

個人差はありますが、花粉症の症状がひどくなってしまうと、「クラリチンEX OD錠」の効果が期待できなくなるので、早めに服用するのがポイントです。

また、「クラリチンEX OD錠」を服用後、副作用が強く出てしまったり、セルフケアだけでは対処できないほど鼻炎症状が悪化した場合には、病院へ行くことをおすすめします。

「花粉症がひどいけど、忙しくて病院に行く時間がない」というのなら、市販薬の中でも高い即効性のある「パブロン鼻炎カプセルSα」や「新コンタック600プラス」などの鼻炎薬を選びましょう。

※即効性があり、効き目も「クラリチンEX OD錠」や「アレグラFX」より優れていますが、眠気が出やすいので注意が必要です。

「眠くなってもいいから、今すぐ花粉症をなんとかしたい!」「クラリチンEXを飲んでも全然効果がない!」といった方におすすめです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です