【クロマイ-P軟膏AS】を徹底解説!

クロマイ-P軟膏AS

第一三共ヘルスケアの化膿を伴うしっしん・皮膚炎等、様々な症状にすぐれた効果を発揮する「クロマイ-P軟膏AS」が2009年3月24日(火)から全国の薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売されています。

実際に使用した感想(効果)や配合されている成分など、「クロマイ-P軟膏AS」の詳細を紹介したいと思います。

【化膿を伴うしっしん、皮膚炎に】クロマイ-P軟膏AS

クロマイ-P軟膏AS」は、化膿した患部を治すクロラムフェニコール、フラジオマイシン硫酸塩の2つの抗生物質としっしん、皮膚炎等の炎症にすぐれた効き目を発揮するプレドニゾロン(副腎皮質ステロイド)を配合しています。

細菌を殺菌する作用があり、炎症による腫れや赤みをおさえ、かゆみや痛みをやわらげます。

細菌感染(化膿)をともなうか、その恐れのある湿疹や皮膚炎、やけど、腫れ物などに効く皮膚疾患治療薬です。

効能・効果

  • 化膿を伴う次の諸症:湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫さされ、じんましん
  • 化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)

用法・用量

1日1~数回、適量を患部に塗布する。

成分・分量(100g中)・働き

クロラムフェニコール:2g(力価)

サルモネラ菌などグラム陰性桿菌、発疹チフス・つつが虫などのリケッチアに対して強い作用を示し、細菌の蛋白質の合成を阻害することで、その増殖を抑える(静菌作用)。

フラジオマイシン硫酸塩:0.5g(力価)

化膿の原因となる細菌(ブドウ球菌やレンサ球菌など)に対して抗菌作用を示し、患部の化膿を抑える。

プレドニゾロン:0.3g

炎症をしずめたり、免疫系をおさえる作用がある。

添加物

ゲル化炭化水素

剤型・形状

クロマイ-P軟膏AS 白色ゼリー状の軟膏剤

白色ゼリー状の軟膏剤

包装単位・メーカー希望小売価格

6g/950円(税抜)

クロマイ-P軟膏ASの特長

特長1

クロラムフェニコール、フラジオマイシン硫酸塩の2つの抗生物質を配合し、化膿した患部を治します。

特長2

プレドニゾロン(ステロイド成分)が、しっしん、皮膚炎等の炎症にすぐれた効き目を発揮します。

特長3

患部を保護する油性基剤なので、じゅくじゅくした患部にもおすすめです。

クロマイ-P軟膏ASとクロマイ-N軟膏の違い

クロマイ-P軟膏AS」とクロマイ-N軟膏は、どちらもクロラムフェニコール、フラジオマイシン硫酸塩の2つの抗生物質を配合しており、化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)に効果を発揮し、化膿した患部を治します。

また、患部を保護する油性基剤なので、じゅくじゅくからカサカサまで幅広い患部に使用できます。

これらの抗生物質の他に配合されている成分がそれぞれ異なるため、皮膚の症状によって使い分けられます。

クロマイ-P軟膏AS」は、プレドニゾロン(ステロイド成分)が配合されているので、化膿を伴う湿疹、皮膚炎、かぶれ、じんましん等の炎症に優れた効き目を発揮します。

クロマイ-N軟膏は、ナイスタチン(抗真菌剤)を配合しているため、カンジダなどの真菌の細胞膜の働きを失わせ、死滅させる作用があります。

化膿を伴う湿疹や皮膚炎等のつらい炎症には「クロマイ-P軟膏AS」が適しており、皮膚の化膿症状がひどいときはクロマイ-N軟膏が適しています。

クロマイ-P軟膏ASの強さ(ランク)

ステロイド(副腎皮質ホルモン)外用薬は、薬ごとにそれぞれ強さでランク付けされています。

強さのランクは、5段階(I群~V群)に分類されます。

  • I群:strongest/最強
  • II群:very strong/非常に強力
  • III群:strong/強力
  • IV群:medium/中程度
  • V群:weak/弱い

クロマイ-P軟膏AS」に配合されているプレドニゾロンは、V群に入ります。

使用上の注意

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

1.次の人は使用しないで下さい。

本剤又は本剤の成分、抗生物質によりアレルギー症状を起こしたことがある人

2.次の部位には使用しないで下さい。

  • 水痘(水ぼうそう)、みずむし・たむし等
  • 目や目の周囲

3.顔面には、広範囲に使用しないで下さい。

4.長期連用しないで下さい。

相談すること

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

  • 医師の治療を受けている人
  • 妊婦又は妊娠していると思われる人
  • 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
  • 患部が広範囲の人
  • 湿潤やただれのひどい人
  • 深い傷やひどいやけどの人

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

関係部位:症状

  • 皮膚:発疹・発赤、かゆみ、はれ、水疱
  • 皮膚(患部):みずむし・たむし等の白癬、にきび、化膿症状、持続的な刺激感

3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

クロマイ-P軟膏ASについてのまとめ

「クロマイ-P軟膏AS」は、2種類の抗生物質とステロイドを配合しているため、化膿を伴う湿疹・皮膚炎など、様々な肌トラブルに効き目を発揮する皮膚疾患治療薬です。

ステロイドを配合しているので、湿疹や皮膚炎などの症状がひどいときにも抑えることができ、炎症を鎮める高い効果を持っています。

また、抗生物質も配合されていることにより、肌を細菌から守ってくれるため、症状が悪化するのを防いでくれます。

私の場合は、背中やお腹などにできることの多い、かゆみを伴う赤みが目立つ湿疹や皮膚炎に対して「クロマイ-P軟膏AS」を使用することがほとんどです。

基本的に3日~1週間ほど塗り続けると、症状が改善されて綺麗に完治してくれます。

適量であればベタつきもなく、塗った違和感なども全然感じないので、使いやすい軟膏剤だと思います。

特に汗をかく夏場や肌が乾燥してしまう冬には、非常に重宝しています。

かぶれや蕁麻疹の他にも、ニキビなどに対しても効果を発揮するため、ニキビ治療薬として「クロマイ-P軟膏AS」を塗る方も多く、市販薬の中でも人気のある医薬品の一つです。

ただし、プレドニゾロン(ステロイド成分)を配合しているので、ニキビの専用薬として使用するには注意が必要です。

本来、ニキビにステロイドを塗ると症状が悪化することもあり(ステロイド成分はニキビに弱い)、使用を避ける必要があります。

「クロマイ-P軟膏AS」には、抗生物質が配合されているため、ニキビの原因であるアクネ菌などの細菌に対して抗菌作用を示します。

しかし、ニキビの専用薬ではないので、症状(ニキビ)をよく観察することや塗ったあとの経過を観察することなどが大切です。

さらに、抗生物質やステロイドを配合している塗り薬を長期間使うと、様々なデメリット(副作用)があります。

抗生物質を長期間使用すると、体内で耐性菌が生成されるため、抗生物質が効かなくなってしまいます。

ステロイド※に関しては、皮膚が薄くなることや酒さ様皮膚炎などの副作用があらわれることもあり、それらを治療する方が大変になることもあります。

※「クロマイ-P軟膏AS」は、V群(弱い)のランクに分類されているプレドニゾロンを配合しているため、重篤な副作用が起こることは稀ですが、長期連用は避けた方が良いです。

症状が良くならないときや悪化してしまったとき、1~2週間ほど塗り続けても治らない場合は、早めに専門医を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です