繰り返す顎ニキビがひどい!痛い!顎ニキビができる原因と治し方を徹底解説

何度も繰り返す「顎ニキビ」!原因と治し方について徹底解説

「やっと顎ニキビが治った!」と思っても、何度も再発を繰り返してしまう「顎ニキビ」。

しかもなかなか治らないだけでなく、髪の毛やメイクでも隠すことができないのでとても厄介です。

「どれだけケアしてもニキビができる、治ってくれない」と諦めてしまったりする人も多いのではないでしょうか。

実は私もその一人でした。

そんなしつこく繰り返し、治りにくい顎ニキビの原因と治し方について徹底解説します。

ニキビを治療・予防することや、美しい肌を手に入れるためには、正しい知識を持つことが必要不可欠です。

スポンサーリンク

顎ニキビとは?

顎ニキビは、いわゆる「大人ニキビ」と呼ばれるニキビの一つ

顎(あご)ニキビは、20代を過ぎてからできる「大人ニキビ」の一つです。

10代の頃にできる「思春期ニキビ」とは原因が異なり、ストレスや生活習慣、ホルモンバランスの乱れなど、様々な原因が重なって起こります。

なかなか治らないだけでなく、何度も再発を繰り返す顎ニキビには、私もずっと悩まされてきました。

顎ニキビ(大人ニキビ)を放置したり、間違ったケアを続けていると、さらに悪化してしまう可能性があります。

また、自己流でニキビを潰すのは絶対NGです。

無理に潰してしまうと、治るどころか反対に症状を悪化させてしまうので、ニキビ跡が残る確率が高くなります。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビと思春期ニキビは、原因やできやすい部位がそれぞれ異なります。

皮脂の過剰分泌による毛穴詰まりが原因の思春期ニキビと異なり、大人ニキビはストレスや体調、睡眠不足、偏った食事、ホルモンバランスの乱れなども原因となるので、対処法も異なってきます。

特に大人ニキビは治ったと思っても再発を繰り返したり、間違ったケアをするとかえって症状を悪化させるおそれがあります。

対処を一歩誤ると、ニキビ跡が残ってしまうこともあるので、十分注意してください。

大人ニキビの原因と特徴

大人ニキビは、思春期を過ぎてから(20代以降)できるニキビのことです。

吹き出物も医学的にはニキビと同じです。

肌のターンオーバー(新陳代謝)の周期が乱れて、古くなった角質がうまく剥がれずに蓄積し、毛穴を詰まらせてニキビになります。

ほかにも、ストレスや睡眠不足、間違ったスキンケアなど、さまざまな要因が複雑にからみ合っているので、対策方法を突き止めるのも大変です。

乾燥しがちな「Uゾーン(顎、口の周り、頬など)」にできやすい傾向があります。

一度できるとなかなか治らないだけでなく、治っても繰り返しニキビができたり、ニキビ跡が残りやすい特徴があります。

思春期ニキビの原因と特徴

思春期(12歳~18歳頃まで)では、男女問わず男性ホルモンの分泌が活発に行われます。

思春期ニキビは、過剰な皮脂の分泌による毛穴詰まりが主な原因といわれています。

顔の中でも皮脂の分泌量が多い「Tゾーン(額から鼻にかけた部分)」にできやすいのが特徴です。

顎ニキビが繰り返しできる原因

顎ニキビはいくつかの原因が複雑に絡まり合って発生する

顎や首まわりは、皮脂を分泌する皮脂腺が多いため、もともとニキビができやすい場所です。

男性なら髭(ヒゲ)が生える場所でもあり、女性でも男性ホルモンの影響でニキビができやすい傾向があります。

顎にできるニキビは、不規則な生活やストレスによるホルモンバランスの乱れなど、さまざまな原因が絡み合っており、原因を特定するのは難しいです。

髪の毛があたったり、頬づえをつくなども皮膚の刺激となって、ニキビができやすくなる原因になります。

顎ニキビができる原因の一つとして、胃腸の不調も影響している可能性があり、この場合、どんなにスキンケアを頑張っても治せません。

繰り返す顎ニキビを治すためには、スキンケアだけではなく、内側のケアから見直すことが必要です。

洗顔のしすぎ・やりすぎに注意

繰り返しできる顎ニキビの原因は、間違った洗顔のせいかもしれません。

肌に合わない洗顔方法を続けると、肌に大きな負担をかけることになるので、かえって逆効果です。

顎ニキビが治るどころか悪化したり、乾燥肌を招く要因となります。

顔のテカりやベタつきが気になるからといって、1日に何度も洗顔している方は、1日2回(朝夜)を上限に留めておくようにしましょう。

洗顔料に使われる洗浄成分は、汚れを落とすだけでなく、肌に影響を与えることもあります。

朝は洗顔料を使わず、ぬるま湯で軽くすすぐ程度にして、夜は洗顔料を使って毛穴に詰まった角栓や汚れをしっかり落とすことが重要です。

洗顔によって汚れや皮脂を取り除いた肌はとてもデリケートな状態なので、化粧水や乳液、クリームで十分に保湿をしてあげましょう。

マスクは顎ニキビを悪化させるの?

「マスクはニキビに良い」という意見と、「マスクはニキビに悪い」とする意見が対立しています。

風邪やインフルエンザ、花粉などの対策に年中欠かせないマスクですが、マスクによるニキビ・肌荒れに悩む人も増えています。

マスクは顎ニキビを隠せるだけでなく、外部のホコリや細菌の侵入を防いだり、紫外線から肌を守る効果があります。

しかし、マスクを長時間着けっぱなしにしていると、湿度が高くなり蒸れやすくなるので、アクネ菌が増殖しやすい環境が作られることもあります。

蒸れや雑菌の繁殖(不衛生な状態)を防ぐためには、マスクをずっとつけっぱなしにせず、こまめに替えて清潔を保つことが大切です。

顎ニキビの治し方

なかなか治らない顎ニキビの治し方・対処法

病院で薬を処方してもらう

ニキビ治療で皮膚科を受診すると、「デュアック配合ゲル」「ダラシンTゲル」「アクアチム」「ゼビアックス」「ベピオゲル」といった薬が処方されます。

これらの医薬品は、ニキビの原因菌(アクネ菌など)が増えるのを抑え、ニキビの原因となる毛穴の詰まりを改善します。

ニキビ治療薬の中でも「デュアック配合ゲル」と「ゼビアックス」は、特に効果が期待できるといわれています。

デュアック配合ゲル」は、2種類の殺菌成分「クリンダマイシン(ダラシンTゲル)」と「過酸化ベンゾイル(ベピオゲル)」を配合しており、ニキビの原因菌に優れた殺菌作用をあらわします。

私は10年以上、繰り返す顎ニキビに悩み続けてきました。

顎ニキビを治すために、ニキビ治療薬を一通り試してみたところ、「デュアック配合ゲル」が最も効果的でした。

1週間ほど塗り続けると、すでにできてしまった顎ニキビの赤みや腫れが引き、徐々に良くなっていきました。

繰り返しできる顎ニキビに悩んでいましたが、「デュアック配合ゲル」を使い始めてからニキビができにくくなり、肌がとてもきれいになりました。

ただし、薬に頼ってばかりでは、いつまで経ってもニキビの苦痛から解放されません。

ニキビを治療・予防するためには、生活習慣を見直しながら正しいスキンケアを行うことが重要です。

抗生物質(抗菌薬)を使用するときの注意点

抗生物質(抗菌薬)を使い続けていると、細菌の薬に対する抵抗力が高くなり、薬が効かなくなることがあります。

薬への耐性を持った細菌のことを「薬剤耐性菌」といいます。

抗生物質は、間違った使い方をすると十分な効果が得られないばかりか、耐性菌が現れたり、副作用が起こりやすくなるので注意が必要です。

耐性菌が増えると、抗生物質が効かなくなることから、発症しても適切に治療すれば軽症で回復できたニキビが、治療が難しくなって重症化しやすくなります。

抗生物質を使う期間や量は症状によっても違うので、必ず医師の指示に従ってください。

処方数(シェア)1位のディフェリンゲルとは?

マルホ株式会社が販売している「ディフェリンゲル」は、毛穴の詰まりを改善させ、ニキビができにくくするアダパレンを配合したニキビ治療薬です。

通常、ニキビ(尋常性ざ瘡)・吹き出物の治療に用いられます。

ニキビの初期症状である面皰の治療や、抗生物質などを使ってよくなった状態を維持する治療に有効です。

ディフェリンゲル」は、目に見えない極めて小さい毛穴の詰まり(微小面皰)やはじめにできる白や黒のニキビ(面皰)に作用し、ニキビの進行を防ぎます。

初期のうちに治療することで、炎症を起こした赤ニキビを減らし、炎症の強いニキビへの進行を防ぐことができます。

そのため、白ニキビや黒ニキビ、さらに進行し炎症を起こした赤ニキビまで、ほとんど全てのニキビを減らすことができます。

また、「ディフェリンゲル」の有効成分であるアダパレンは、トレチノインビタミンA誘導体)と作用機序が似ているため、美肌効果も期待できるといわれています。

ディフェリンゲルは、あくまでニキビの進行を防ぐ薬であって、シミ・しわの治療を目的とするものではありません。

化粧下、ひげそり後など治療以外の目的に使用しないでください。

リンデロンVGを自己判断で使うのはNG

リンデロン-VGクリーム0.12%

皮膚科でよく処方される「リンデロンVG」は、ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)とゲンタマイシン硫酸塩(抗生物質)を配合した塗り薬です。

皮膚のかゆみ、赤み、腫れなど、さまざまな症状を緩和することを目的として使用されています。

リンデロンVG」に配合されているベタメタゾン吉草酸エステルの強さは、「Ⅲ.Strong(強い)」に分類されており、優れた抗炎症作用をもちます。

ニキビの炎症(赤み)に効果を発揮することもありますが、免疫抑制作用があるため、ニキビの原因菌に対する抵抗力が弱まってしまい、かえってニキビを増やすこともあります。

軽い症状のニキビに対してステロイド(内服・外用)の使用は推奨されておらず、ステロイドが使われることはあまりありません。

また、ストロングランク(強い)のステロイド剤を顔に使うかどうかは、医師によって意見が分かれます。

皮膚科を受診して「リンデロンVG」を処方された場合は、医師の指示に従って正しく使用してください。

ちなみに私はニキビ治療のために「リンデロンVG」を処方されたことは一度もありません。

1~2週間使用する程度であれば、ほとんど副作用はないといわれていますが、以前使用していた「リンデロンVG」が残っていても、自己判断で使用してはいけません。

ステロイド剤は使用期間や副作用など、使用に関して特に注意が必要とされているため、安易な自己判断はせず、まずは皮膚科医に相談しましょう。

市販薬を使って自力で治す

テラ・コートリル軟膏a

ドラッグストアや薬局で手軽に買えて、便利に使える“市販薬”。

ペアアクネクリームW」「アクネス25」「ビフナイト」「クレアラシル」といった市販のニキビ治療薬で改善できる場合があります。

数個程度のニキビが時々生じる軽症であれば、顎ニキビを治す効果は十分期待できます。

ニキビ治療薬ではありませんが、市販薬の中でも「テラ・コートリル軟膏」は、炎症のある赤ニキビによく効くと人気です。

優れた抗炎症作用を示す「ヒドロコルチゾン(ステロイド)」と広い抗菌力を示す「オキシテトラサイクリン塩酸塩(抗生物質)」を配合しており、赤く腫れたニキビ(赤ニキビ)に効果的です。

顔全体に塗ったり、長期にわたって使用すると、副作用があらわれることがあります。

5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。

顎ニキビが大量発生したら病院へ

最初は1つしかニキビがなかったのに、気づいたら急にニキビが増えて、顎に大量発生したことがありました。

市販薬を使ったり、化粧品を変えてみても効果がほとんどなく、自分では何をしても改善するどころか、余計にひどくなる一方でした。

私の場合は、ニキビが大量発生してしまい、症状がひどくなってから病院に行ったので、もっと早く行けばよかったと後悔しました。

ニキビの数が多くなればなるほど治りにくくなり、悪化する可能性が高くなるので注意が必要です。

顎ニキビが悪化した場合の自然治癒(セルフケア)は非常に難しく、ニキビ跡が一生残ってしまうこともあります。

そのため、症状がひどくなる前に病院で治療を受けることが望ましいです。

顎ニキビを早く治すためにも、きちんと原因を突き止めて適切なケアを施しましょう。

顎ニキビが治る期間はどのくらい?

顎ニキビが治るまでの期間は、ニキビの状態(症状の程度)や肌質、治療への取り組みによって人それぞれです。

必ずこのくらいで治ると断定できるものではありませんが、治療を始めて2~3ヵ月経過した頃から、治療効果があらわれる場合もあります。

普段の生活を見直して、とにかく根気よく治療することが大切です。

少しでも疑問に思ったことがあれば、皮膚科医又は薬剤師に相談することをおすすめします。

また、顎ニキビ(大人ニキビ)は繰り返しできる可能性が高いため、中にはニキビができなくなるまでに数年かかる方もいます。

治療を終了する時期やタイミングについては、自己判断せずに医師の指示に従いましょう。

ニキビ跡が残ってしまったら?

顎ニキビが悪化し、ニキビ跡(痕)が残ってしまったときの対処法

顎ニキビは、繰り返しできたり治りにくかったり、さらにニキビ跡が残りやすいので注意が必要です。

顎ニキビがやっと治ったと思ったら、ニキビ跡が残ってしまった・・・。

そんな経験はありませんか?

ニキビ跡が残ってしまうのは、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が正常に行われていないことが原因です。

ターンオーバーの周期には個人差がありますが、約28日~56日かけて行われます。

ターンオーバーが正常に機能すれば、肌の生まれ変わりがスムーズになることにより、ニキビ跡が少しずつ薄くなっていきます。

ニキビ跡に効果がある医薬品やコスメを使用しても改善されない場合は、睡眠時間や栄養バランスのとれた食事、ストレスを溜めないなど、生活習慣をもう一度見直して、ターンオーバーを正常に保ちましょう。

自宅でニキビ跡を消す方法

せっかく顎ニキビが治ってもニキビ跡が残ってしまうと、一生消えないこともあるので、とてもショックですよね。

シミ(色素沈着)や赤みなどのニキビ跡を消すのは、ニキビの治療よりも格段に難しくなります。

傷あと・やけどあとを目立たなくする「アットノン」「アトキュア」「ヘパリンZクリーム」といった市販薬を根気よく使用し続けることによって、ニキビ跡を消す効果が期待できます。

有効成分のヘパリン類似物質は、塗ってすぐに効果が実感できるものではありませんが、毎日・長期間塗り続けることで、徐々にニキビ跡が薄くなっていきます。

治療にかかる期間は、症状の程度によって異なりますが、完全に消えるまでには数ヶ月~数年かかることもあります。

市販薬の中でも最もおすすめなのは、2017年2月にリニューアル発売した「アットノンEX」です。

アットノンEX」は、従来のヘパリン類似物質に加えて、抗炎症と組織修復作用をもつ2種類の有効成分を新たに追加配合しています。

血行を促進し肌のターンオーバーを促すとともに、ニキビ跡に残った赤みを抑え、さらに損傷した表皮の再生を促進し、気になるニキビ跡を治していきます。

セルフケアで顎ニキビを治す

顎ニキビのセルフケア方法

毎日のスキンケアが大切

頑張ってスキンケアしているのに、顎ニキビ(大人ニキビ)がなかなか治らないと悩んでいませんか?

間違ったスキンケアを続けていると、顎ニキビが治らないどころか、悪化することもあります。

肌質(体質)や症状の現れ方は人によってさまざまですが、肌を清潔に保ちつつ乾燥を防ぐことが大切です。

ニキビのできにくい肌をつくるには、自分に合ったスキンケアを継続して行うことで、肌の調子を整えましょう。

スキンケア商品(基礎化粧品)を選ぶときは、肌に刺激を与える成分が入っていないものを選ぶのがポイントです。

顎ニキビで悩んでいる方へ

毎日何気なく行っているスキンケア、本当に正しいお手入れができていますか?

間違ったスキンケアを続けていると、肌にダメージを与えてしまうので、かえって逆効果になったりしていることもあります。

そこでおすすめなのが、顎ニキビの悩みを解決するために生まれたニキビケア商品「パルクレールジェル」です。

パルクレールジェル」は、顧客満足度93.2%を獲得しており、ニキビ用スキンケア商品売上No.1に輝いています。

2大有効成分「プラセンタ」「アラントイン」を高濃度W配合し、繰り返しできる顎ニキビを徹底ケア!

毎日たった30秒の簡単ニキビケアで顎ニキビ知らずのなめらか素肌へ導きます。

今ならなんと!通常価格9,700円(税抜)のところ、49%OFFの4,980円(税抜)で購入できるチャンスです!

しかも永久返金保証書付きなので、安心して試せるというのも魅力の一つです。

毎日何気なく続けているスキンケアの方法や化粧品(ケア用品)選びを見直して美しい肌を保ちましょう。

このキャンペーンは予告なく終了する場合があるので、お見逃しなく!

顎ニキビに効果的なビタミン

顎ニキビを改善・予防し、健康的な美肌を保つには、ビタミンを摂取することが効果的です。

その中でも、「ビタミンB群」を積極的に摂ることをおすすめします。

肌のターンオーバーが乱れると、過剰に分泌された皮脂や古くなった角質などで毛穴が詰まりやすくなり、肌荒れやニキビ、吹き出物などの肌トラブルの原因になります。

そのため、ニキビの要因でもある皮脂の分泌をコントロールする「ビタミンB2」と、皮膚炎の予防に働く「ビタミンB6」は必須といえます。

積極的に補うことによって、肌のコンディションを整えてくれるので、肌荒れ・ニキビ・口内炎の治療や予防に効果的です。

これらのビタミンは、肌荒れ・ニキビを体の中から改善する「チョコラBBプラス」「ハイチオールBクリア」「ペアA錠」といった市販薬などにも含まれています。

また、抗酸化作用をもつ「ビタミンC」と一緒に摂ることにより、シミ(色素沈着)や赤みなどのニキビ跡が気にならない肌に改善していきます。

私の場合は、できてしまった顎ニキビを治療すると同時に、ニキビのできにくい肌をつくる(予防する)ために5年以上飲み続けています。

はじめのうちは効果をあまり実感できませんでしたが、ニキビだらけだった肌が少しずつ改善されていきました。

いつの間にか肌が変わってきたみたいで、ニキビができにくくなり、肌荒れも防ぐことができるようになりました。

ただし、即効性がないという欠点があるので、効き目があらわれるまでに早くても2~3週間かかります。

肌質(体質)や症状の程度などの個人差によって、効果が大きく異なります。

特に重要な「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンC」は、毎日摂り続けることを推奨します。

おわりに

顎ニキビのないツルツルのたまご肌を目指す

一度できたら治りにくく、何度も繰り返す「顎ニキビ」。

顎にできるニキビは、いわゆる「大人ニキビ」と呼ばれるニキビの一つです。

思春期にできるニキビと異なり、さまざまな原因が絡み合って発生することが多いため、時間が経つと症状が自然に緩和するということはほとんどありません。

スキンケアだけでは改善できないこともあるので、生活習慣を一から見直し、ストレスや睡眠不足などによってホルモンバランスを崩さないようにすることが大切です。

ホルモンバランスを整えながら、正しいスキンケアを毎日続けることで、顎ニキビを改善することができます。

セルフケアだけでは対処しきれないほど顎ニキビが悪化してしまった場合は、なるべく早く病院に行って正しい診察を受けましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です