痔の痛み・出血・はれ・かゆみに「ボラギノールA」

痔には「ボラギノールA」

「ボラギノールA」の効能、用法・用量、成分等の製品データや使い方、痔の症状に合わせて選べる、注入軟膏、坐剤、軟膏それぞれの剤型についてご紹介したいと思います。

ボラギノールA

【 成分・はたらき 】
★プレドニゾロン酢酸エステル
炎症をおさえ、出血、はれ、かゆみをしずめる。
★リドカイン
局所の痛み、かゆみをしずめる。
★アラントイン
傷の治りをたすけ、組織を修復する。
★ビタミンE酢酸エステル (トコフェロール酢酸エステル)
末梢の血液循環をよくし、うっ血の改善をたすける。

【 特徴 】
4種の成分がはたらいて、痔による
痛み・出血・はれ・かゆみにすぐれた効果を発揮する。

【 注入軟膏 〜肛門の内と外の痔、両方に〜 】
⚫︎小さな容器に入った軟膏
・肛門内部の痔には注入。
・肛門の外側・肛門付近の痔には塗布。
使い分けられる2ウェイタイプ。
⚫︎携帯に便利な個別包装
・使いきりでクリーン(肛門内に注入する場合)。
・ノズル先端の丸いカーブがおしりに優しくフィット。
※注入軟膏はボラギノールAシリーズのみ。
[ 注入軟膏はこのような方に適している ]
⚫︎薬剤を肛門内部に注入することができるので
内部の痔(主にいぼ痔、きれ痔)に使用することができる。
⚫︎肛門の外側・肛門付近の痔(主にいぼ痔、きれ痔)には
塗って使用することができる。
⚫︎肛門内にも肛門の外側にも、どちらでも使いたい場合に適している。

【 坐剤 〜主に肛門内部の痔に〜 】
⚫︎肛門内に挿入して使用する。
肛門内部で溶けて拡がり、患部に直接作用する。
⚫︎体温ですばやく溶けて、すばやく拡がるように設計されている。
⚫︎油脂性基剤が傷ついた患部を保護し、スムーズな排便をたすける。
[ 坐剤はこのような方に適している ]
肛門内に挿入するため、主に肛門内部の痔
(いぼ痔、きれ痔)に使いたい場合に適している。

【 軟膏 〜主に肛門の外側・肛門付近の痔に〜 】
⚫︎患部に直接塗布するか、またはガーゼなどにのばして
患部に貼付して使用する。
⚫︎刺激が少ない油脂性基剤が傷ついた患部を保護する。
⚫︎ボラギノールA軟膏・ボラギノールM軟膏
[ 軟膏はこのような方に適している ]
直接塗るか、ガーゼなどにのばして使用するため
肛門の外側・肛門付近の痔(いぼ痔、きれ痔)に使いたい場合に適している。

【 ボラギノールAについてのまとめ 】
CMでもお馴染みの『ボラギノール』ですが
実は ″ 痔 ″ だけでなく!
湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ
虫さされ、じんましん
上記のような、様々な症状にも使用できる
万能薬なのです(*^ω^*)
″ ステロイド成分 ″ や ″ 組織修復成分 ″ を配合しているので
炎症をおさえて、傷の治りをたすける効果も非常に魅力的ですね( ´ ω ` )
″ 痔 ″ などでお困りの方の参考になれば嬉しいです♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です