【ベトネベートクリームS】を徹底解説!

ベトネベートクリームS

第一三共ヘルスケアのがまんできないしっしん・皮膚炎・かゆみにすぐれた効果を発揮する「ベトネベートクリームS

実際に使用した感想(効果)や配合されている成分など、「ベトネベートクリームS」の詳細を紹介したいと思います。

【がまんできないしっしん、皮膚炎、かゆみに】ベトネベートクリームS

ベトネベートクリームS」は、ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド成分)が、しっしん、かぶれ等の皮膚の炎症にすぐれた効き目を発揮します。

のびが良く、ベタつかない使い心地のよいクリーム剤です。

効能・効果

しっしん、皮膚炎、あせも、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫さされ、じんましん

用法・用量

1日1~数回、適量を患部に塗布する。

成分・分量(100g中)・働き

ベタメタゾン吉草酸エステル:0.12g

ステロイドの外用薬で、炎症をしずめる強い作用がある。

添加物

セトステアリルアルコール、ワセリン、流動パラフィン、クロロクレゾール、セトマクロゴール、pH調節剤

剤型・形状

ステロイド性のクリーム剤

包装単位・メーカー希望小売価格

5g/1,050円(税抜)

ベトネベートクリームSの特長

特長1

ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド成分)が、しっしん、かぶれ等の皮膚の炎症にすぐれた効き目を発揮します。

特長2

のびが良く、ベタつかない使い心地のよいクリーム剤です。

ベトネベートクリームSの強さ(ランク)

ステロイド(副腎皮質ホルモン)外用薬は、薬ごとにそれぞれ強さでランク付けされています。

強さのランクは、5段階(I群~V群)に分類されます。

  • I群:strongest/最強
  • II群:very strong/非常に強力
  • III群:strong/強力
  • IV群:medium/中程度
  • V群:weak/弱い

ベトネベートクリームS」に配合されているベタメタゾン吉草酸エステルは、III群に入るため、市販薬の中では最も強いステロイド外用薬です。

使用上の注意

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。)

1. 次の人は使用しないで下さい

本剤又は本剤の成分、抗生物質によりアレルギー症状を起こしたことがある人

2.次の部位には使用しないで下さい

  • 水痘(水ぼうそう)、みずむし・たむし等
  • 目の周囲、粘膜等

3.顔面には、広範囲に使用しないで下さい

4.長期連用しないで下さい

相談すること

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい

  • 医師の治療を受けている人
  • 妊婦又は妊娠していると思われる人
  • 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
  • 患部が広範囲の人
  • 湿潤やただれのひどい人
  • 深い傷やひどいやけどの人

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい

関係部位:症状

皮膚:発疹・発赤、かゆみ、はれ、水疱皮膚(患部)みずむし・たむし等の白癬、にきび、化膿症状、持続的な刺激感

3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい

ベトネベートクリームSについてのまとめ

有効成分が「ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド成分)」のみなので、非常にシンプルな構成で出来ています!

ステロイドを配合しているため、皮膚の炎症を抑える効果は非常に優れていますが、長期間の使用に関しては注意が必要です。

特に吸収率の高い「顔」や「粘膜」「陰部」などの皮膚が薄い部分に関しては、使用を控えましょう。

その他にも「ステロイド成分」に関しては、使用する際の注意点などが数多くあるため、自己判断で安易に使用せず「医師、薬剤師、登録販売者」に相談しましょう。

また、「ステロイド外用剤」はアレルギーを抑えると共に、皮膚表面の免疫系の働きも抑えてしまう効果もあるので、「にきび」「ヘルペス」「カンジダ」などの感染症に弱く、症状を悪化させる恐れがあるので気を付けてください!

患部の症状が良くならない場合(悪化したとき)は、早めに専門医を受診しましょう。

その症状に合った最適な治療法や医薬品などを使用して、適切に症状を改善することが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です