【月々3,000円台】auのiPhone6を激安料金で使う方法!

au iPhone6

「楽天モバイル」「イオンモバイル」「FREETEL(フリーテル)」「UQ mobile」「Y!mobile(ワイモバイル)」「NifMo(ニフモ)」など、格安スマホの重要が非常に高くなったことで、価格競争が年々激しくなっており、大手キャリアの半額以下の料金で毎月スマートフォンを使用することができるようになっています。

数年前の「格安ケータイ(スマホ)」と言えば、「WILLCOM(ウィルコム)」などが主流で、私も含めて所持している方も多く、非常に有名だったと思います。

特に「HONEY BEE(ハニービー)」は、当時私が高校1年生だった頃(9年前)、デザインも可愛くオシャレなので人気が高く、持っている人も周りに沢山いました。

ウィルコム HONEY BEE WX331K

現在、スマホの使用料金が月々「6,000円」~「8,000円」以上、高い方だと「10,000円」以上もスマホの使用料を支払っているという方も多く、料金に対する「不満」や「悩み」を持つケースが増えてきたと思います。

実際、私自身も「2年前」にソフトバンクの「iPhone4 32GB」から「iPhone5S 64GB」に機種変更した際に、毎月「約9,000円」も使用料を支払っていました。

「2年間」も支払い続けたので、使用料の総額は「約216,000円」にもなってしまうため、今思うと「本当にもったいないことをしたな…」と後悔しています。

しかし、そんな後悔をした経験があったからこそ、月々のスマホ使用料を限界まで大幅に下げて、auの「iPhone6 16GB※」を使う方法を考え出しました。

この方法を編み出したことによって、スマホ使用料が「3分の1」になり、月々の使用料金が「約5,000円」以上も安くなったことで、2年間に換算すると「約120,000円」も得をすることができています。

※現在、3世代前になってしまった「iPhone6」はあまり販売されておらず(中古販売は除く)、ほとんどの店舗に「iPhone6S」が機種代金「一括 0円」にて、叩き売り状態で販売されています。

本体代金が「0円」もしくは「1円」であっても、月々のスマホ使用料は「7,000円」以上になってしまいます。

そのため、本体代金が安いからと言っても「今(その瞬間)」は、スマホを交換するタイミングではないと思っています。

もちろん「キャンペーン」や「特別な条件下」など、稀なケースは存在しますが、それらを凌駕して本当に得をすることができる「最良のタイミング」が存在します。

私が「格安スマホ」ではなく、最大手3キャリアの一つである「au」の「iPhone6」を、今の期間も含めて「2年間」「3,000円台」で使用する方法やテクニックについて、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

大手3キャリアのiPhoneを破格で使うための絶対条件

docomo au softbank 大手キャリア3社

大手キャリアの「iPhone」を格安で使用するためには、いくつかの条件や我慢しなくてはいけないことがあります。

ただし、それらさえクリアしてしまえば、ケータイ販売員の方も驚くほどの「衝撃価格」で「iPhone」を使用することが可能です。

機種変更をするのではなく、MNPで他社からauに乗り換える

MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)で他社に乗り換える

毎月のスマホ使用料を下げるためには、機種代が「一括 0円」もしくは「1円」で購入する必要があります。

機種代金の支払いを発生させないことは「必須条件」であり、この機種代金が月々の使用料に大きく関わってきます。

また、機種を「一括/0円(1円)」で購入することが最重要です。

「実質 0円」という宣伝や提案をよく耳にしますが、この「実質 ●●円」で購入すると損をしてしまいます。

この「一括」と「実質」は、同じように聞こえてしまいますが、全く異なります。

最も大きな違いとしては、購入した「iPhone」の代金の支払い義務が「ある」か「ない」かという、本当に大切な違いになります。

この違いをちゃんと理解していないと、店員さんの「実質 0円」で最新の「iPhone●●」が持って帰れます!という、甘い言葉に誘惑されて購入してしまうでしょう。

しかし、これで買い替え(乗り換え)ると、大損してしまうので、これらの違いを明確に理解することが必要になります。

私は、5年前にSoftBankの「iPhone4 32GB」を月々「約3,000円※」で使用していましたが、機種変更で「iPhone5S 64GB」に変えると…

なんと、毎月のスマホ使用料金が「約9,000円」まで急上昇してしまいました。

※「iPhone4」の本体料金を店頭(ヨドバシカメラ)で一括で購入したので、機種代金を毎月支払う必要がなく、さらに「月々割」の特典で使用料が大幅に値引きされていたため「破格」で使用していました。

「契約している毎月のプラン」など、使用している状況によってもスマホの使用料金が高くなる原因は複数ありますが、最も月々の使用料金が高くなる理由は「機種代金」だと言えます。

それは、私がソフトバンクの「iPhone5S」からauの「iPhone6」に、ほぼ同じプラン内容でMNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)を利用して乗り換えただけで、月々のスマホ使用料が「約5,000円」も安くなったことに関係しています。

最新のiPhoneではなく、1世代前のiPhoneを購入する

iPhone6

1世代前のiPhoneを購入することで、様々な「キャンペーン」や「大幅値引き」などの特典を最大限に受けることができ、お得にiPhoneを手に入れることができます。

最新機種(新製品)が発売されてしまうと、古い製品はあまり売れなくなってしまうので、企業も「在庫処分」をするために「一括 0円」や「期間限定SALE」など、顧客が驚くような「キャンペーン」を打ち出すようになります。

これは「家電製品(TV・PCなど)」「洋服」「雑貨」など、ジャンルを問わずに言えることであり、企業が「在庫処分」に力を入れ始めたタイミングこそ、最も得をすることができる特別な期間です。

そのため、型落ちした1世代前の「iPhone」を購入することが非常に重要なポイントになります。

私は、昨年(2015年)の9月に「iPhone6S」が発売されてから少し経った頃に、1世代前になったauの「iPhone6」にMNPで乗り換えました。

他社からの乗り換えキャンペーンを利用したため「一括 0円」で購入し、さらに「3,000円分の金券」を貰えたので、Wで得をすることができました。

残念ながら「最新のiPhone」を購入しないので、最新型のiPhoneが欲しい方や常に新しい物が欲しい方には向いていません。

発売と同時に「新商品(新製品)」を値引きする!なんてことは、どの会社もまずあり得ませんので、「最新機種」を希望する場合、スマホの使用料金を大幅に下げることは、非常に難しいと思います。

特に今年(2016年)から「総務省」が「iPhone」などのスマートフォンに関して「過度な割り引きを監視し、やめさせる態勢を取った」ことによって、大手3キャリア(NTTドコモ・ソフトバンク・au)が「破格のキャンペーン」を自粛する方向となったことも大きく関わっています。

iPhoneを購入する際の、限られた期間と重要なタイミング

iPhone7

1世代前の「iPhone」を購入することが重要だと上記でも述べましたが、いつ替えても良い訳ではなく「限られた期間」と「一番良いタイミング」が存在します。

この「限られた期間」にiPhoneを購入することが最も大切になります。

そして、この期間とは「新型のiPhoneが発売されてからの、たった1週間」です。

新型のiPhoneが発表されると、たった「1週間※」の間のみ、ある「特別なキャンペーン」が適用されて、破格でiPhoneを使うことができるようになります。

※「1週間」という期間は、その時の「市場の流れ」や「企業の方針」などによって、大きく変動する恐れがあります。

そのため、この「限られた期間」に買い替え(乗り換え)ることが最も重要であり、この期間を逃してしまうと、また「1年」待つ必要が発生してしまいます。

「特別なキャンペーン」とは、携帯電話機購入をサポートするサービスである「月月割」というキャンペーンのことです。

携帯電話機をご購入の際に、機種に応じた一定額を月々のご利用料金から割引(購入から2ヵ月目以降、最大24ヵ月間※)してくれます。

※「12ヵ月」や「36ヵ月」の場合もあります。

「月月割」を利用することで、毎月の支払いが「約2,000円前後」値引きされるため、機種代が「一括 0円」であれば、そのまま「月月割」のキャンペーン適用額が値引きされます。

「実質 0円」「実質 500円」など、よく店頭でも使用されている「実質 ●円」というキャンペーンに関しては、毎月分割で支払っている「機種代金」を安くするために適用される「月月割」によって、負担金が減額されていることをアピールしているのが一般的です。

そのため、「月月割」を利用した際のスマホ使用料の値引き額は、機種代金が「一括 0円」であれば「約2,000円前後」となり、「実質 0円」であれば「0円」になります。

私は、今年(2016年)の9月に「iPhone7」が新発売されたので、現在使用しているauの「iPhone6」からソフトバンクの「iPhone6S」にMNPで乗り換えようと思ったのですが、発売されてから「2週間後」に店舗へ行ったところ、まさかの「月月割」がなくなっていました。

「総務省」の過度な割り引きに対する指導が原因で、「一括 0円(1円)」などの機種代金の負担がない場合は、「月月割」のキャンペーンを適用することが難しくなりました。

「月月割」がなくなってしまったことで、「約2,000円前後」の値引き特典を受けることができず、「機種代金」を支払う必要がなくなったとしても、月々の使用料金が「7,000円以上」になってしまうため、乗り換えを断念しました。

そのため、私は来年(2017年)の9月に「iPhone7S」や「iPhone8」など、新型のiPhoneが発売されるのを待って、発売されてから「1週間」の間に乗り換えをしようと思っています。

現在使用している不要なiPhoneを高価買取してもらう

イオシス 買取センター 秋葉原

iPhoneを買い替えた際に、使用していたiPhoneが不要になると思いますが、特に今後も使う予定がない場合は「高価買取」しているお店にて、なるべく早い段階(時期)に買い取ってもらうことが非常におすすめです。

特に「1世代前のiPhone※」であれば、店頭で「買い替え」や「乗り換え」をした際に「下取り」を店員さんに勧められると思いますが、傷や汚れなどがあまりない「綺麗な状態」であれば、かなり高く買い取ってもらえることが多々あります。

※例えば、「iPhone6S」が新発売されたとすると、1世代前は「iPhone6」になります。

そのため、安易に「下取り」に出してしまうと「損をする」可能性も高いので、慎重に決めることが大切になります。

「ヤマダ電機 LABI新宿東口館」にて、ソフトバンクの店員さんに秋葉原にある「イオシス」というお店を紹介してもらったので、実際に「イオシス」へ行き「iPhone5S 64GB ゴールド」を買い取りしてもらいました。

なんと、発売されてから「3年」も経過しているにも関わらず、「18,000円」で買い取ってもらえました。

私が使用していた「iPhone5S」の状態に関しては…

  • 外箱:なし
  • 傷:ほとんどなし
  • 汚れ:多少あり(気にならない程度)
  • 付属品:全て未使用

という状態で査定してもらいました。

いわゆる「中古品」としてのランクで表すと、「Aランク」もしくは「Sランク」に該当するのではないかと思っています。

また、未使用品を除けば、外箱があれば「完璧な状態」だったと思います。

店員さんにも褒めて頂けるような状態で「iPhone5S」を使用していたこともあり、「買取最高金額」に近い金額で売ることができました。

その「iPhone5S」を買い取ってもらえた「18,000円」を月々の使用料金に換算すると、毎月「750円/2年間」も安くすることができました。

「月月割」のキャンペーンによる「値引き額」と「買取金額」を合わせると、毎月「約2,750円」以上も安くすることができます。

不要になった「iPhone」は、時間が経つと価値が下がっていくので、インターネットなどで情報収集をして、なるべく高いお店で買い取ってもらいましょう。

おわりに

iPhone6S

大手3キャリアのiPhoneを破格で使うために、「特別な条件」を組み合わせる必要があります。

その特別な条件とは…

  • MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)で他社に乗り換える
  • 最新のiPhoneではなく、1世代前のiPhoneを購入する
  • 月月割(24回)のキャンペーンを適用させる
  • 不要なiPhoneは高価買取してもらう

これらの「4つの方法」を組み合わせることで、1世代前のiPhoneを「破格(激安)」で使用することが可能になります。

現在、この「4つ方法」を組み合わせて、auの「iPhone6」を使用していますが、月々の使用料金は「約3,750円」で使用しています。

実際の使用料金に関する内訳としては…

  • 基本使用料:約6,500円
  • 月月割:約-2,000円
  • 買取金額:-750円

私の場合は、上記のような使用状況になります。

これらの内訳から、月々の使用料金は「約3,750円」という「破格」で使用することが可能になっています。

昨年まで「iPhone5S」を「約9,000円」で使用していた頃と比較すると「約5,000円」以上も利用料金が安くなったため、毎月本当に助かっています。

私は、スマホの価格調査などをするため、定期的に取扱店舗にも行くことがよくあります。

直接スタッフさんに「現在のキャンペーン情報」など、色々と質問して「得策を考える」のですが、そのときに「同業者」に間違えられることも度々あります(笑)

私は、単純に「iPhone」をいかに安く使用することができるのか考えている素人なので、専門家でもなければスマホの販売員でもありません。

そのため、詳細をもっと知りたい方は、店舗に足を運び「プロ」から様々な情報収集をすることで、旬で明確な情報を手に入れることが可能です。

今現在も「いかに安くiPhoneを使用することができるのか」など、常に情報収集をしているので、何か他に良い方法があれば公開したいと思っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です