【アットノンEX】を徹底解説!

アットノンEX

小林製薬の傷あと・やけどあとの改善治療薬「アットノン」を処方変更し、「アットノンEXジェル」「アットノンEXクリーム」として、2017年2月15日(水)から全国の薬局・薬店・ドラッグストアなどでリニューアル発売しました。

今回のリニューアルでは、従来のヘパリン類似物質に、抗炎症と組織修復作用をもつ2つの有効成分を新たに追加し、計3種の有効成分が、傷あと周辺の炎症を抑えるとともに、組織修復・皮ふのターンオーバーを促進して、傷あと・やけどのあとを目立たなくしていきます。

実際に使用した感想(効果)や配合されている成分など、「アットノンEX」の詳細を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【傷あと・やけどのあとを目立たなくする】アットノンEX

アットノンEX」は乾燥しやすい傷あとに保湿性と柔軟性を取り戻し、血行とターンオーバーを促す、従来の有効成分「ヘパリン類似物質」に加え、抗炎症成分「グリチルリチン酸二カリウム」と組織修復成分「アラントイン」を新たに配合。

傷あと・やけどあとを改善し、目立たなくする3つの成分を配合しています。

今回発売された「アットノンEXジェル(ジェルタイプ)」、「アットノンEXクリーム(クリームタイプ)」ともに、肌への使い心地にこだわっており、肌への伸びが良い、使い心地の良いテクスチャです。

透明なジェルタイプは、肌につけると薄く伸び、サラサラとした使い心地です。

肌の表面にベタつきが残らず、白くならないので、塗ってすぐに洋服が着られます。

白い色のクリームタイプは、ジェルタイプよりもしっとりとした使い心地で、べたつかず、塗ったあとも肌に白く残りません。

肌に優しい処方なので、皮膚の弱い子供にも使用できるのが特徴です。

効能・効果

きず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手指の荒れ、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮ふ、しもやけ(ただれを除く)、打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛

用法・用量

1日1~数回、適量を患部にすりこむか、又はガーゼなどにのばして貼ってください。

用法・用量に関連する注意

  • 使用のつどキャップをしっかりしめること
  • 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること
  • 目に入らないように注意すること
    万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと
    なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること
  • 外用にのみ使用すること

成分・分量(100g中)・働き

ヘパリン類似物質:0.3g

ターンオーバー促進作用、血行促進作用、水分保持作用がある。

アラントイン:0.2g

傷ついた皮ふ組織の修復を助ける。

グリチルリチン酸ニカリウム:1g

肌の炎症を鎮める。

添加物/アットノンEXジェル

ヒプロメロース、カルボキシビニルポリマー、プロピレングリコール、イソプロパノール、トリイソプロパノールアミン、香料

添加物/アットノンEXクリーム

セタノール、ステアリルアルコール、ワセリン、流動パラフィン、スクワラン、ミリスチン酸イソプロピル、ジメチルポリシロキサン、自己乳化型ステアリン酸グリセリン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ポリソルベート60、カルボキシビニルポリマー、1,3-ブチレングリコール、プロピレングリコール、パラベン、エデト酸Na、トリエタノールアミン

製造販売元

小林製薬株式会社

リスク区分

第2類医薬品

剤型・形状

アットノンEXジェル

アットノンEXジェル

透明ジェルタイプ

アットノンEXクリーム

アットノンEXクリーム

クリームタイプ

包装単位・メーカー希望小売価格

15g/1,300円(税抜)

アットノンEX開発の背景

「傷あとを目立たなくしたい」という想いをさらに徹底追求

アットノン』は、目立って気になる傷あと・やけどあとを治療できる医薬品として、2011年に発売を開始しました。

以来順調に売上を伸ばし、2016年度にはブランド史上最多売上を更新しました。

開発当時より、「傷あとを目立たなくしたい」という想いの下、研究開発を進め、隠しながら傷あとを治せる“コンシーラータイプ“や、かきむしりのような広範囲の傷あとにも使いやすい“ローションタイプ”など、使用感や様々な用途に対応するアイテムを増やし、傷あと改善薬市場を牽引してきました。

この度、肌の露出が増える季節に向け、さらなる効果を追求し、処方をリニューアルしました。

アットノンEX新処方のメカニズム

肌に傷ができると、傷口を修復しようと、修復細胞がコラーゲンを産生します。

その際、過剰に産生されたコラーゲンが固まることで、赤みや盛り上がりが残ります。これが傷あとです。

本製品の有効成分「ヘパリン類似物質」は血行を促進しターンオーバーを促すとともに、過剰コラーゲンを分解。

「グリチルリチン酸二カリウム」は傷あとに残った赤みを抑えます。

さらに「アラントイン」が、損傷した表皮の再生を促進します。

肌のターンオーバーを意識して塗り続けることで、徐々に傷あとを改善していきます。

アットノンEXの特長

傷あととは、傷が修復されるときに皮ふ組織が異常に増殖することによって、傷口に赤みや盛り上がりが残った状態のことをいいます。

アットノンEXは、傷は治っているのに、赤みが残っていたり、もりあがっている傷あと・やけどのあとに有効です。

アットノンEXは、傷あとに効果的な3つの有効成分が傷あとを治していきます。

  1. ヘパリン類似物質が、ターンオーバーを促進して正常な皮ふの再生を促します。
  2. アラントインが、傷ついた皮ふの組織を修復します。
  3. グリチルリチン酸ニカリウム(GK2)が、傷あとに残った炎症を鎮めます。

有効成分である「へパリン類似物質」が傷あとの奥※にある皮ふ組織の再生を促します。

※基底層

肌のターンオーバーを意識して塗り続けることで、徐々に傷あとに効いていきます。

使用部位やお好みに合わせて選べるジェルタイプ、クリームタイプの2つのタイプがあります。

傷あとを改善する効能効果は2タイプともに同等です。

アットノンEXジェルの特長

アットノンEXジェル

さらっとした使用感、どの部分にも使いやすいジェルタイプです。

白くならず、肌の表面にベタつきが残らないので、塗ってすぐに洋服が着られます。

アットノンEXクリームの特長

アットノンEXクリーム

しっとりとした使用感がお好みの方にオススメです。

ベタ付きがなく、塗ったあとも白くならないクリームです。

肌に優しい処方なので、皮膚の弱い子供にも使用できます。

使用上の注意

してはいけないこと

守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる

1.次の人は使用しないこと

  • 出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病等)の人
  • わずかな出血でも重大な結果をきたすことが予想される人(血液凝固抑制作用を有し出血を助長するおそれがある)

2.次の部位には使用しないこと

目や目の周囲、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣等)

相談すること

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

  • 医師の治療を受けている人
  • 薬等によりアレルギー症状を起こしたことがある人
  • 湿潤やただれのひどい人

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

関係部位 症状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ、はれ

3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

アットノンEXのよくある質問(Q&A

【Q】手術の跡(手術痕)に使用できますか?

A】抜糸後で手術の傷口が治った状態であれば手術の跡にもご使用いただけます。

目安としては手術跡がミミズバレのように赤くなり固く盛り上がった光沢のある症状がみとめられたらご使用いただけます。

【Q】妊娠中・授乳中に使用してもよいですか?

A】妊娠中や授乳中にもご使用いただけます。

この時期はお肌が敏感になっています。かかりつけの医師にもご相談いただくとよりご安心です。

【Q】子供が使用してもよいですか?(何歳から使えますか)

A】有効成分(ヘパリン類似物質)の使用年齢に制限はございません。

しかしながら子供の皮膚は大人の皮膚より敏感です。

目安として生後6ヶ月くらいから、よく様子を見ながらご使用いただくことをおすすめします。

また、皮膚の弱いお子様には、よりお肌にやさしいクリームタイプをおすすめします。

【Q】アットノンの有効成分(ヘパリン類似物質)にはどのような効果がありますか?

A】ヘパリン類似物質には、水分保持作用、抗炎症作用、血行促進作用があります。

  • 水分保持作用:傷あとは汗腺、皮脂腺などが失われているため、乾燥しやすい状態です。 ヘパリン類似物質の水分保持作用が患部に保湿性と柔軟性を取り戻します。
  • 抗炎症作用:傷あとの奥で、慢性的に起きている炎症をしずめます。
  • 血行促進作用:血流を良くして、皮ふの新陳代謝を促します。

【Q】昔できた、古い傷あと・やけどあとでも使用できますか?

A】私どもでは出来てから1、2年までの傷あと・やけどあとにも効果を確認しております。

また、それ以上経った傷あと・やけどあとにもご使用いただけますが、効果を実感できなかったり、効果があったとしても日にちがかかる可能性があります。

患部の状態を見ながらご使用いただきますよう、お願いいたします。

【Q】他の医薬品と併用してもよいですか?

A】他の外用剤(塗り薬)については、同じ患部への使用はお控えください。

【Q】「アットノンEX」はどのような医薬品ですか?

A】傷あと、やけどのあとの皮膚のしこりやひじ・ひざの角化症を改善する外用剤です。

有効成分のヘパリン類似物質が保湿、血行促進、抗炎症などの作用を発揮し、症状を改善します。

【Q】傷あと・やけどあと以外には、どんな症状に使用できますか?

A】お肌のかさかさや、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしなどの角化症(角質が異常に厚くなり、固くなった状態)にもご使用いただけます。

【Q】傷あと・やけどあとにはどのくらい塗り続けたら効果がありますか?

A】治り方には個人差があります。比較的早く効果を感じる方もいる一方、1ヶ月近くかかる場合もあります。

お肌の状態をよく見ていただき、患部に気になる症状(かゆみや腫れなど)が現れないようでしたら、1本を使いきってみることをおすすめします。

継続して使用することで効果を実感しやすくなります。

毎日続けて1日数回塗っていただきますようお願いします。

【Q】傷が治ってから、どのくらい経てば使用できますか?

A】アットノンには血液を固まりにくくする働きがあります。

傷が治りきっていない状態で使用すると傷口から再び出血する恐れがありますので、必ず傷が治りきってからご使用いただくようお願いしております。

目安としては、かさぶたが完全に取れた後で、赤く、盛り上がった光沢のあるような症状が認められたらご使用いただけると考えておりますが、塗り始めて、万が一、出血がみられるようでしたら、すぐに使用を中止してください。

【Q】青くなった打ち身にも使用できますか?

A】青くなった打ち身にもお使いいただけます。

【Q】皮膚が弱いですが、使用してよいですか?

A】皮膚が弱い方は、皮膚科医にご相談になるか、少量を目立たないところに使用し、確認してからお使いください。

【Q】お肌のカサカサにも使用できますか?

A】乾燥したカサカサ肌にもお使いいただけます。

アットノンの有効成分であるヘパリン類似物質には、肌のラメラ構造を修復して整え、角質に潤いと柔軟性を与える効果があります。

ラメラ構造とは、角質の内部にある、肌に水分を保つための重要な部分です。

水分と油分の層で出来ており、肌の水分を守っています。

【Q】「アットノンEX」は、今までのアットノンとどのように違うのですか?

A】「アットノンEX」は、今までのアットノンに、2種類の有効成分(グリチルリチン酸二カリウム・アラントイン)を追加した製品です。

グリチルリチン酸二カリウムには抗炎症作用があり、傷あとの周辺や奥で、慢性的に起きている炎症をしずめます。

アラントインには組織修復作用があり、荒れたり、ひび割れた皮膚の組織修復を助けます。

※外観や使い心地は同じです。

【Q】毎日使ってもよいですか?

A】継続使用されると効果的です。毎日ご使用ください。

肌が生まれ変わる新陳代謝の周期は28日です。

アットノンはこの間に徐々に作用していきますので、毎日続けて使用することをおすすめします。

【Q】かさぶたには使えないのですか?

Aかさぶたの状態は、まだ傷が治っている途中段階ですので、使わないでください。

傷が治る途中段階に使用すると、傷の修復に影響をあたえる可能性があります。

アットノンは、皮膚ができ、傷が治ってからお使いください。

<使えない傷あと>

  • かさぶたができている状態
  • 薄いピンクの皮膚膜がピンと張った状態
  • 傷がジュクジュクしている状態

アットノンを初めて購入したきっかけは?

アットノンの口コミ・レビュー

20代女性

足の虫刺されのかき傷のあとがあまりにも汚くて、暑くなって肌を出すのが恥ずかしかったので、少しでも奇麗になればと思って薬局で探しました。

30代女性

手術を初めて受けたので、その時の切り傷あとにできたしこりが早く治るようにと思い買いました。

40代女性

高3の娘が料理の手伝い中に火にかけた鍋のフチで腕をヤケドして、なかなか痕が消えないし目立つ場所で年頃の女の子なので、買ってあげました。

傷あとが気になる場所は?

傷あと意識調査

傷あとはオシャレの大敵!女性30人に聞きました!

Q.傷あとが気になるのってどこ?

18人
手・腕
10人
その他
4人

Q.傷あとが気になるのはどんな時?

素足の時
10人
薄着の時
7人
海・プール
5人
接客中
3人

傷あとが気になる場所の1位は足。

転んだりぶつけたりしやすいだけでなく、ついつい虫刺されをかきむしってしまって後悔している女子が多いみたいです。

でもミニスカートやショートパンツは、オシャレ女子のマストアイテム。

素足を堂々と見せられるようになりたい!という声が多く上がりました。

そもそも傷あとは、なぜ残るの?

同じようにできた傷でも、あとが残ってしまうものとそうでないものがあります。

傷が修復していくメカニズムと、どんな時に傷あとが残ってしまうのかをご説明します。

傷あととは、医学的には「瘢痕(はんこん)」といいます。

ケガをすると、傷の近くにある修復細胞がコラーゲンを作って傷を修復しようとします。

しかし、傷口が化膿してしまったり、傷のまわりの血行が悪いと修復がなかなかうまくいきません。

その場合、修復の過程でコラーゲンが異常に産出され傷口に赤みや盛り上がりが残ったりします。

これを「傷あと=瘢痕」といいます。

こうして出来た傷あとの患部は毛・汗腺・皮脂腺などが欠如しているので、乾燥しやすく、外部刺激を受けやすい状態になっています。

また、慢性炎症が持続しているのです。

POINT!

有効成分である「ヘパリン類似物質」が、傷あとの奥にある皮ふ組織の再生を促します。

傷あとは異常な組織増殖・炎症反応が原因です。

アットノンは有効成分のヘパリン類似物質が、血流の循環を良くして皮膚の新陳代謝を促進し、皮ふの炎症を鎮めて皮ふ自体の正常化機能を回復させ、角質に水分を保持させ柔軟性を取り戻すことで、傷あとを改善しています。

※アットノンの有効成分のヘパリン類似物質は、塗ってすぐに効果が実感できるものではありませんが、徐々に傷あとの赤みや盛り上がりに作用していきます。

傷あとを残さないためのポイント

日光に当てない

傷になっている皮膚は薄くなっており、紫外線にあたると、シミの原因になります。

新陳代謝を正常に保つ

皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れると、傷跡がなかなか消えません。

新陳代謝を正常に保つためにも、保湿をする、食生活に気を付ける、ストレスをためないなどといった工夫が必要です。

アットノンはどんな傷あとに使えるの?

素足や薄着の日でも、傷あとを気にせずにすごしたい!

なかなか消えない一生キズになってしまう前に、その気になる傷あと、今すぐケアしませんか?

アットノンを使える傷あと、効くメカニズムをご紹介します。

こんな傷あと、残っていませんか?

atnon-contents-1
二の腕
虫刺されなどの、かき傷あと
ひじ
料理などでできた、やけどのあと
ひじのガサガサ(角化症)
手・指
ひび割れ・あかぎれ・しもやけ
転んだりぶつけてできた傷あと
靴ずれなどでできた、すり傷あと
打身・ねんざ後のはれ
かかとのガサガサ(角化症)

POINT!

子供の一生キズ対策にもおススメです。

アットノンはこんな傷あとに使用できる

色(赤み、赤茶色、赤黒い色)が残っている。
色(赤み、赤茶色、赤黒い色)のある、もり上がりやつっぱり感が残っている。

こんな傷あとに使えます!

  • 虫刺されのかき傷のあと
  • ひざの傷あと
  • 猫の引っかき傷のあと
  • 切り傷あとにできたしこり
  • 手の甲の火傷のあと
  • 湯たんぽでやけどしてしまったあと
  • 服を着ても隠せない場所の傷あと
  • 靴擦れなどのすり傷のあと

POINT!

出来てから1~2年経った傷あとにも使用できます。

このような傷あとには使用できません

  • まだ傷が乾いておらずジュクジュクしている
  • 乾いたかさぶたができている
  • 薄ピンクの皮がピンと張っている

傷が治っている途中段階ですので、ご使用頂けません。

アットノンにある血行促進作用が、患部の出血が止まるのを邪魔してしまうなど、傷自体が治る事に支障をきたす可能性があります。

その部分だけ肌が白っぽく脱色している

傷あとができてからの時間経過が長いと考えられ、すでに成熟した傷あとになっています。

アットノンでは効果がない可能性が高いです。

アットノンが傷あとに効くメカニズム

アットノンは、残ってしまった傷あとの回復過程でヘパリン類似物質を補うことで、皮ふの新陳代謝を促進し、傷あとを残りにくくします。

有効成分ヘパリン類似物質のはたらき

1.水分保持作用

毛、汗腺、皮脂腺などが欠如しているため、乾燥しやすく、外部刺激を受けやすい状態になっています。傷あと患部に水分を保持し、表皮にある角質の保湿性と柔軟性を取り戻します。

2.抗炎症作用

傷あと部分での真皮の中で慢性的に起きている炎症を鎮め、皮ふが持つ正常化機能を回復させます。

3.血行促進作用

皮下組織の血流の循環を良くし、皮ふの新陳代謝を促進します。

この3つの作用で、傷あと・やけどのあとの赤みや盛り上がりを改善することができます。

POINT!

傷は治っているのに、赤みが残っていたりもり上がっている傷あと・やけどのあとに有効です。

継続的な使用をおすすめ

肌のターンオーバーに合わせて作用

肌が生まれ変わる新陳代謝の周期(ターンオーバー)は28日。

アットノンはこの間にじっくり作用していくので、新陳代謝の周期を目安にした使用をおすすめします。

アットノンの有効成分のヘパリン類似物質は、塗ってすぐに効果が実感できるものではありませんが、徐々に傷あとの赤みや盛り上がりに作用していきます。

効果を感じていらっしゃるようでしたら、継続使用されることがおススメです。

傷あと・タトゥーを今すぐ隠したい方に

タトゥーや傷あと、あざを今すぐ消したい!そんな時に。テープを貼るだけで隠せる「肌かくしーと」

傷あとを消すためには、「アットノン」を使い続ける必要があるので、どうしても時間(期間)がかかってしまいます。

しかし、「海やプールに行って遊びたい」「温泉でゆっくり過ごしたい」などの理由で、傷あとを今すぐ目立たないようにしたい!という方も多いと思います。

特にスパや温泉はタトゥーがあると気軽に行けないので、どう対処しようか悩んでいる・・・という声をよく聞きます。

そんな方には、貼るだけで簡単に傷あとやあざ、タトゥーなどを隠すことができる『肌かくしーと』がおすすめです。

肌かくしーと』は、リストバンドやサポーターと異なり、極うすのスキンカバーシートです。

目立たず自然に傷あとやタトゥーを隠すことができ、場所を選ばずいつでもどこでも貼れます。

汗や水に強いウォータープルーフ仕様なので、さまざまなシーンで安心して使用できます。

また、コンシーラータイプやファンデーションメイクと違って時間もかからず、衣服にこすれて色がうつる心配もありません。

さらに1枚で約1週間、貼り続けることが可能で、送料無料で値段が安いことから、コスパにも優れている商品です。

今すぐ傷あとやタトゥーなどを隠したい方は、『肌かくしーと』を試してみてはいかがでしょうか。

アットノンEXについてのまとめ

傷あと・やけどあとの改善治療薬「アットノン」を処方変更し、2017年2月15日(水)からリニューアル発売されたのが「アットノンEX」です。

今回のリニューアルでは、従来のヘパリン類似物質に、抗炎症と組織修復作用をもつ2つの有効成分を新たに追加したことで、傷あと周辺の炎症を抑えるとともに、組織修復・皮ふのターンオーバーを促進して、傷あと・やけどのあとを目立たなくしていきます。

私はリニューアルされる前の「アットノン」から、ずっと愛用しています。

その効果が大変すばらしく、使い続けることによって、傷痕を嘘みたいに消してくれます。

私が「アットノン」を使おうと思ったきっかけは、腕や脚などに腫れや痛みを伴う湿疹ができてしまい、それらの湿疹が悪化したことによって、目立つところにも傷痕が残りました。

その傷痕を人に見られるのが気になってしまい、半袖を着て腕を出したり、ズボンをロールアップして脚を出すなど、肌を露出するのが嫌でした。

そこで、少しでも傷痕を消したい(目立たないようにしたい)と思い、ダメ元で「アットノン」を使うようになり、今でもよく使用しています。

初めて「アットノン」のCMを見たときは、傷痕がそんなに簡単に消えないだろうと、全然信じていませんでした。

半信半疑で使用してみると、塗り続けるうちに傷痕がどんどん消えていき、最終的には消えてしまったので本当に驚きました。

ただし、非常に優秀な「アットノン」ですが、残念に思うことが一つだけあります。

「アットノン」は即効性がほとんど期待できないため、傷痕が消える(薄くなる)まで塗り続ける必要があり、多少手間がかかってしまいます。

また、一箱1,300円前後するので、治療が長引けば長引くほど、お金もかかるのがデメリットになります。

しかし、「アットノン」を根気よく継続して使うことによって、気になる傷痕(シミ)を消すことができるので、使用するメリットの方が多いと思います。

さらに、今回の「アットノンEX」へのリニューアルに伴い、抗炎症成分と組織修復成分が新たに配合されたので、傷痕の炎症を抑えながら、治りを助ける効果にも期待できるようになりました。

これらの新しく追加された2つの有効成分の働きによって、従来の「アットノン」よりも「アットノンEX」の方が傷痕の治りが早く、消えやすくなると考えられます。

今のところ、そこまで差はあまり感じられませんが、使い続けているうちに変化(差)があるのだろうと信じています。

また、「アットノンEX」を使い続けたとしても、副作用が起こる確率も非常に低く、安全性も高い薬なので、特に問題ないとは思いますが、効果(効き目)が期待できないことがあります。

そのため、「アットノンEX」や「アットノン」を使用しても改善されない場合は、一旦使用を中止して、専門医に相談することがおすすめです。

症状が悪化してしまうと、治すまでに時間もかかってしまうので、早い段階で適切な治療をするようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です