【アレルビ】を徹底解説!

アレルビ

皇漢堂製薬は、抗ヒスタミン作用だけでなく、抗アレルギー作用にもすぐれた「アレルビ」を、全国の薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売しています。

アレルビ」の効果や副作用、特徴などについて紹介したいと思います。

【花粉・ハウスダス卜などによる鼻みず・鼻づまり・くしゃみに】アレルビ

アレルビ 別デザイン

近年、花粉やハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎の方が増えています。電車の中や仕事中など鼻みずやくしゃみがとまらないのはつらいものです。

アレルビ」は、1回1錠、1日2回の服用で鼻のアレルギー症状による鼻みず、鼻づまり、くしゃみなどのつらい症状を緩和します。

脳に入りにくい抗ヒスタミン薬なので、アレルギー症状はしっかり抑えながら、眠くなりにくく、口が渇きにくい特徴があります。

さらに、自覚なく集中力や判断能力、作業能力などが低下する「気づきにくい能力ダウン(インペアード・パフォーマンス)」が起こりにくいとされています。

有効成分「フェキソフェナジン塩酸塩」は、抗アレルギー作用も合わせ持ち、早めに服用することで、アレルギー発症の原因物質ヒスタミンの放出を早期に抑えます。

そのため、鼻がムズムズする等、花粉症の症状を感じたら、つらくなる前に早めの服用がおすすめです。

早めに原因物質の放出を抑えることで、不快なアレルギー症状を発生しにくくします。

商品名

アレルビ

効能・効果

花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:くしゃみ、鼻みず、鼻づまり

用法・用量

次の1回量を朝夕に水またはお湯でかまずに服用してください。

年齢 1回量 1日服用回数
成人(15歳以上) 1錠 2回
15歳未満の小児 服用しないこと

<用法・用量に関連する注意>

  • 定められた用法・用量を厳守してください。
  • 花粉など季節性のアレルギー性鼻炎による症状に使用する場合は、花粉飛散期に入って症状が出始めたら、早めの時期からの服用が効果的です。継続して服用することで効果が得られます。
  • 1週間服用しても症状の改善がみられない場合には、医師または薬剤師に相談してください。また、症状の改善がみられても2週間を超えて服用する場合は、医師または薬剤師に相談してください。
  • 錠剤の取り出し方:錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

成分・分量(1日量(2錠)中)・働き

成分 分量 働き
フェキソフェナジン塩酸塩 120mg 花粉やハウスダストによる鼻みず、鼻づまり、くしゃみなどのつらいアレルギー症状を改善します。
添加物
セルロース、部分アルファー化デンプン、ポビドン、デンプングリコール酸ナトリウム、軽質無水ケイ酸、ヒプロメロース、マクロゴール6000、酸化チタン、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、ステアリン酸マグネシウム

フェキソフェナジン塩酸塩とは?

アレルビ」の有効成分のフェキソフェナジン塩酸塩は、アレルギーの原因となる物質(ヒスタミンなど)の作用を抑える第二世代抗ヒスタミン成分です。

花粉やハウスダストによる鼻みず、鼻づまり、くしゃみなどのつらいアレルギー症状を改善します。

第一世代抗ヒスタミン成分が、出てしまった症状を抑制する作用を持つのに対し、第二世代抗ヒスタミン成分は、出てしまった症状を鎮めるだけでなく、症状を引き起こす物質が体内に放出されないよう元から抑え、さらに症状の悪化も防いでくれます。

第一世代抗ヒスタミン薬と比較して、眠気などの中枢神経抑制作用や、口の渇きや胸やけなどの抗コリン作用などの副作用があらわれにくいとされています。

製造販売元

皇漢堂製薬株式会社

リスク区分

第2類医薬品

剤型・形状

フィルムコーティング錠

包装単位・メーカー希望小売価格

内容量 メーカー希望小売価格(税抜) JANコード
14錠 1,314円 4987343083722
28錠 1,886円 4987343083746
56錠 2,850円 4987343083760

アレルビを安く買う方法

アレルビ」は、店頭でも安く購入できますが、店舗によっては取扱いがない場合があります。

大手ドラッグストアであっても、棚割表に入っていないと定番商品化されないため、欲しい時に買えないなんてことも…。

私が勤務している店舗(某大手チェーン)も「アレルビ」を常に置いておらず、お取り寄せにて対応しています。

しかし、入荷するまでの時間(およそ2~3日)がかかってしまうので、花粉症の症状がすでに出ていたとしても間に合いません。

また、内部事情にはなりますが、物流センターや運送中にトラブルが起こってしまうと、入荷までの時間がさらにかかるおそれもあります。

そのため、「アレルビ」を確実に安く買うなら楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトを活用するのがおすすめです。

  • 実店舗よりも安く手に入る
  • 買いに行く手間がかからない
  • ほぼ確実に購入できる
  • 売り切れの心配も少ない
  • ポイントが貯まる

このような様々なメリットがあることも魅力です。

アレルビの特徴

特徴1

1回1錠、1日2回の服用で24時間しっかり効きます。

特徴2

日中眠くなりにくく、口が渇きにくいアレルギー専用鼻炎薬です。

特徴3

空腹時でも飲むことができます。

特徴4

アレグラFXと同じ成分(フェキソフェナジン塩酸塩)を同量配合しています。

特徴5

大容量&低価格でコストパフォーマンスに優れています。

花粉症の症状を感じたら早めの対策を!

花粉症などのアレルギー症状は、放っておくと重症化・慢性化することがあります。

アレルビ」は、花粉などによる鼻みず・鼻づまり・くしゃみなどの症状がつらくなる前に早めに服用することで、すぐれた抗アレルギー作用を発揮します。

症状の重症化を抑えるためにも、花粉飛散予測日から、又は、症状が出始めたら早めの服用をおすすめします。

もちろん症状がつらくなってからでも使用できますが、症状がひどくなればなるほど、効果が期待できないおそれがあります。

アレルビとアレグラFXの違い

アレグラFX

アレグラFX」「アレグラ錠60mg」と同じ成分を同量配合(1錠中にフェキソフェナジン塩酸塩60mg含有)し、同じ効能・効果がある「アレルビ」。

テレビCMでおなじみの市販薬(アレグラFX)とどう違うの?

病院で処方される薬(医療用のアレグラ錠60mg)とどう違うの?

こんな疑問をお持ちの方も多いのではないかと思います。

花粉症の症状を緩和する効果、薬の強さ、副作用、飲む時間、飲み方など、基本的にはほとんど変わりません。

実際に飲み比べてみたところ、効き目の違いを感じることは一切ありませんでした。

しかしその反面、販売価格を比較してみると、その違いは一目瞭然です。

製品名 内容量 最安価格(税込) 価格帯
アレルビ 56錠 ¥898 ¥898~¥2,380
アレグラFX 28錠 ¥1,442 ¥1,442~¥2,037

※価格.com調べ

上の表からわかるように、「アレルビ」の販売価格が56錠で898円なのに対して、「アレグラFX」は28錠で1,442円とかなり高いです。

そのため、メーカーや商品にこだわりがなければ、「アレルビ」をネットで安く購入するのが断然おすすめです。

なお、「アレグラFX」は「アレグラ錠60mg(医療用)」と成分、成分量、添加物、錠剤の大きさ、剤型、いずれも同じですが、外形、効能・効果の範囲、服用できる年齢の範囲(用法・用量)が異なります。

使用上の注意

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)

1.次の人は服用しないでください。

  • 本剤または本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
  • 15歳未満の小児。

2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください。

  • 他のアレルギー用薬(皮膚疾患用薬、鼻炎用内服薬を含む)
  • 抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、乗物酔い薬、催眠鎮静薬等)
  • 制酸剤(水酸化アルミニウム・水酸化マグネシウム含有製剤)
  • エリスロマイシン

3.服用前後は飲酒しないでください。

4.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください。(動物試験で乳汁中への移行が認められています。)

相談すること

1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください。

  • 医師の治療を受けている人。
  • アレルギー性鼻炎か、かぜ等他の原因によるものかわからない人。
  • 気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎等の他のアレルギー疾患の診断を受けたことがある人。
  • 鼻づまりの症状が強い人。
  • 妊婦または妊娠していると思われる人。
  • 高齢者。
  • 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、製品の添付文書を持って医師または薬剤師に相談してください。

関係部位 症状
皮膚 のど・まぶた・口唇等のはれ、発疹、かゆみ、じんましん、皮膚が赤くなる
消化器 吐き気、嘔吐、腹痛、消化不良
精神神経系 しびれ感、頭痛、疲労、倦怠感、めまい、不眠、神経過敏、悪夢、睡眠障害
泌尿器 頻尿、排尿困難
その他 動悸、味覚異常、浮腫、胸痛、呼吸困難、血圧上昇、月経異常

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

症状の名称 症状
ショック
(アナフィラキシー)
服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
肝機能障害 発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
無顆粒球症、白血球減少、好中球減少 突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。

3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、製品の添付文書を持って医師または薬剤師に相談してください。

症状
口のかわき、便秘、下痢、眠気

アレルビについてのまとめ

アレルビ」は、1回1錠、1日2回の服用で花粉やハウスダストなどによる鼻のアレルギー症状(鼻みず・鼻づまり・くしゃみ)を緩和します。

脳に入りにくい抗ヒスタミン薬なので、アレルギー症状をしっかり抑えるのに、眠くなりにくいという特徴があります。

抗ヒスタミン作用による口の渇き、便秘、下痢などの副作用もあわられにくいため、非常に使いやすい薬です。

また、自覚なく集中力や判断能力、作業能力などが低下する「IP(インペアード・パフォーマンス)」を起こしにくいので、1日中快適に過ごせます。

アレルビ」は、市販薬の中でも特に有名な「アレグラFX」と同じ成分(フェキソフェナジン塩酸塩)を同量配合しており、つらい花粉症の症状に優れた効果を発揮します。

しかも同じ効果が期待できるだけでなく、値段がとにかく安いので、花粉症対策にうってつけの鼻炎薬です。

なんと!56錠(28日分)という大容量ながら1,000円以下(最安値:898円)で購入できます。

価格.com調べ

アレグラFX」「アレジオン20」「クラリチンEX」などのアレルギー専用鼻炎薬と比較すると、コストパフォーマンスが非常に優れています。

そのため、「花粉症が緩和できれば何でもいい!」「効き目が同じなら少しでも安く済ませたい!」という方に、特におすすめです。

しかし残念ながら、花粉症の症状がひどくなってしまうと、「アレルビ」の効果があまり期待できません。

“副作用(特に眠気)が少ない”という嬉しいメリットがある一方で、その分効果が弱いので、早めの花粉症対策が重要になります。

もちろん効果には個人差がありますが、私の場合、花粉症の症状がひどいときに「アレルビ」や「アレグラFX」を飲んでも、ほとんど効果がありませんでした。

症状がひどくなってしまい、「今すぐ鼻みずやくしゃみを止めたい!」「多少眠くなってもいいから効き目が最優先!」という方には不向きです。

そんなときは「パブロン鼻炎カプセルSα」「新コンタック600プラス」など、第一世代抗ヒスタミン薬を服用しましょう。

眠気はあらわれやすくなってしまいますが、即効性が高く、つらいアレルギー症状をすぐに抑えることができます。

花粉が飛び始める前(花粉症の症状が出る前)から「アレルビ」を服用して、症状がひどくなってしまった場合には、効き目の強い鼻炎薬に変更するのがおすすめです。

効果の強弱に関わらず、複数の鼻炎薬を併用することはできません。

なお、「アレルビ」を服用後、副作用があらわれてしまったり、かえって症状が悪化した場合には、できるだけ早く病院に行きましょう。

眠気や口渇など、軽度の副作用なら「アレルビ」の服用を中止すれば改善できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です